子ども

2011年8月 2日 (火)

ふらっと君とミネストローネ

大学が夏休みとなり、長男が友達を連れてふらっと帰ってきた。

ほんとは前から「帰るよ」という連絡は受けていたけど、

風のようなこの子には「ふらっと」がよく似合う。

すぐにまたふらっと戻っていくのだろう。

Mine_3

そんなふらっと君達への朝食は、具だくさんミネストローネ。

写真を撮るのを忘れちゃったので、上の写真はYahooの画像から

ウチのミネストローネに近いものをお借りしました。 coldsweats01

cat 「このミネストローネ、うめぇ!」

と、お褒めにあずかったので、作り方教えました。チョー簡単です。

タマネギ、ニンジン、ピーマン、キャベツ、シメジなど冷蔵庫にある野菜と

ウインナー(ベーコン)をコロコロに切って、オリーブオイル(サラダ油)で

さっと炒め、そこに水とザクザク切ったトマト、コンソメを入れてコトコト

10分ほど煮たらケチャップ(量テキトー)、塩こしょうで味を調え、

最後に早ゆでマカロニ(90秒)をダイレクトに鍋に投入、で出来上がり。

お好みですが、スイートチリソースを少し入れるとピリッとしておいしい。

冷凍のミックスベジタブルや豆の水煮、カットトマト(缶詰)を使うともっと簡単。

最初にニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒めるという一手間で

おいしさグッとアップします…が、なかったので今日は使いませんでした。

野菜を炒めずにダイレクトに煮ると油を使わずヘルシー。

こんな時間がしみじみと嬉しい。

そんなものです、母親なんて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

基本に帰れ!

もう、3日も過ぎちゃったけど…

1月13日は次男の birthday 16歳の誕生日 present …でした。

↑絵文字でケーキとプレゼントを入れたけど、

今年はついにケーキなしに!(ごめんよぉ~sweat01) 

クリスマスと誕生日が近い次男は、もう何年も前から本人の希望で

クリスマスにまとめて現金 moneybag を渡すことにしているのです。

なんとも味気ないです、ハイ…sweat02

そんなわけで次男の誕生日はいつもなし崩し的に過ぎていったりします。

今年は特に…

誕生日前日の12日、たまたま帰宅時間が一緒になった capricornuspigdog 

pig 「あ、明日はdogの誕生日だから、今日は外食しよう!外食!」

capricornusdog 「え~、それってお母さんに都合いいだけじゃんか! gawk 」

pig 「へへへ… ソートモイウ…smile

dog 「ねぇ、母さん、なんか間違ってないっスカ?

   基本に帰ろうよ、基本に!! 

ダンナが息子に向かって小さくガッツサインを出したことには

いっさい気づかぬフリをして、とんこ得意のキメゼリフ。

pig 「あ~ん、イイジャンかぁ~」

母や妻が甘えた風な口ぶりで物言うときが最もキケンな状態 bomb 

であることを誰よりもよく知っている2人 capricornusdog である。

かくて3人を乗せた車はいきつけの蕎麦屋の前に止まったのでした。

dog 「じゃあ、今日は誕生祝いということでブレイコウでいくからな。

   オレ、蕎麦と親子めし(ロコモコ丼風)とてんぷら盛り合わせね!」

(こんなとき、「ブレイコウ」(無礼講)って間違った使い方じゃないスカ?次男クン)

無礼ついでに蕎麦アイスまで注文した次男、満足したようです(笑)

そんなわけで母の手抜き作戦による次男のプレ・誕生日の夜は

過ぎてゆき、そして迎えた誕生日の朝。 予定では…

pig 「dog、お誕生日おめでとう!」と優しく言うはずだったのですが、

おっそろしく寝坊してしまった私。

pig 「うんぎゃぁ~ shock みんな~、起きてぇ~、あと15分しかない~!」

半径300mは確実に響くであろう得体の知れない動物pigの雄叫び、

ドドドォ~と二階から駆け下りる者dog、ダダダァ~と駆け上がる者capricornus

制服を小脇にかかえ靴を履く者dog、パンと間違えてネクタイをくわえる者capricornus

竜巻のように家族が出て行った後で、私はゆっくりとコーヒーを

すすりながら おもむろに携帯を取り出しメールを打った。

 pig 件  名 : お誕生日おめでとう!

   メール文: ごめん、朝バタバタして言えなかった。

          16歳だね、ちょっと大人?

          ちなみにお母さんはもうすぐ50歳で~す。

          …と、一応アピール(笑)

次男からの返信

 dog 件  名: 母さんよ!

   メール文:  基本に帰ってくれ! 

Photo

持つべきものは親よりも友!ですね。

Photo_2

↑ 朝、学校に行ったらお友達が次男のためにケーキや

 プレゼントをくれたそうです。 みんな、ありがとねhappy01

 母はこれから旅にでます。 「基本」を探す旅へ(爆)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

風のように 鳥のように

とかく子どもというものは・・・

つかみどころのない存在である

そう、風のような・・・

轟々と吹き荒れたと思えばぴたりと凪ぎ、

あるときはまた そよそよと

私の鬢の毛を揺らす

両手を広げても 

その全てを受け止めることはかなわず

つかまえようと握りしめた拳のすき間から

するりと抜け出して いたずらっぽく

雪の粉など舞い上げるのだ

私はといえば 風が空中に散らした

細かな雪の結晶が 日に照らされて

キラキラと光輝く様を

呆けたように口を開け 見つめているばかり

とかく子どもというものは・・・

2_2

で、ウチの風その1(長男) ↑ です。 ダンナに似て姿勢悪っ!!

めったにウチによりつかない長男ですが、先日フラッと風のように

舞い戻りましてね…

今回は珍しく少し長い時間を共有することができました。

少し前になりますが、雪が積もった晴天のある日、

pig 「お父さんとお母さん、ネイチャーセンターに野鳥観察に行くけど

 アンタも行く?」と誘ったら意外にも二つ返事でついてきました。

Photo_3

↑ ネイチャーセンターの餌場に来た鳥を観察するダンナ(手前)と

長男(奥)。 観察好きは capricornuspig のDNAでしょう、熱心に野鳥を

見つめています。 鳥が特別好き、というわけではなく、観察が好き

なんだと思う。 動物園のサル山に3時間近く見入っていたり。

ハシビロコウが好きというあたりもかなりマニアック(笑)

そういえばこの子、東京、目黒の寄生虫博物館からショッキングな

絵はがきをくれたこともあったわね。( こちら )

Photo_4

観察好きは伝わるんでしょうか?

ネイチャーセンターのスタッフの方がそれはそれは熱心に

そしてとても楽しそうに、いろいろ説明してくださいました。

Photo_5

家族で鍋をつつき、くだらないことで笑って、

めずらしくたくさん おしゃべりして ・・・

そしてまた フラリと私たちの前から行ってしまいました。

風のように・・・

鳥のように・・・

| | コメント (6)

2010年12月24日 (金)

クリスマスおめでとう!!

Photo

行きつけの(?)皮膚科のドアを開けたらサンタのおじさんが受付してました。

クリスマス・イブというのに、今日は朝から病院をはしごした。

年末年始の休業前にお薬をもらいに、ね。

クリーニング屋さんに行って、お昼はちょっとお蕎麦屋さんでまったり。

午後はダンナと図らずも次男の部屋を大掃除するハメに! bearing

次男の部屋は我が家のスラム街と称して近づかないようにしていた

のだけれど、クリーニングからとってきた夏物のスーツ(今ごろcoldsweats01)を

しまうにはどうしても次男の部屋に立ち入らねばならない。

ダンナのシーズンオフのスーツ類は次男の部屋に作り付けてある

クローゼット(らしき押し入れ)にしまってあるから。

昨日は次男が火がついたように自分の部屋の掃除をはじめ、

大量のゴミを階下に置きに来たにもかかわらず、我々 capricornuspig が

今日踏み込んだ彼の部屋はやっぱりスラム街以外の何ものでも

なかった。 shock

どんなに散らかって、汚れていても親に片付けられるのは嫌だろう

からとジッとガマンでスーツをしまうことだけに集中していたら、

背後でガ~、ガ~と掃除機の音!・・・ダンナだ!!

ガマンできなかったみたいね。 coldsweats01 

それから2人は堰を切ったようにスラム街清掃ボランティア員と

化したのだった。 はぁ~~~~~、疲れた。 dashdashdashdashdash

お歳暮もって年末のご挨拶まわりをする予定は明日にずれ込み

ました。 えっ? 年賀状と換気扇掃除はどうなったかって?

        まだです!!

とりあえずちょっとだけクリスマスっぽいお夕飯作って

教会の深夜ミサに行く準備しまっス! good

   xmas みなさん、よいクリスマス!! xmas

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

伝説の応援 「DMJV」

dog 「母さん、これもらってきた。」

帰宅した次男が差し出した一冊の記念誌。

Photo

母校である中学校が、今年創立60周年を迎えたということで

作られた記念誌とDVD。 この3月に卒業した次男たちにも

それぞれ進学した高校を通じて配られたらしい。

dog 「この記念誌とDVDにオレのこと、めっちゃ出てるし…」

pig 「えっ!ほんと? じゃ、ソッコーで見なくちゃね。」

dog 「恥ずかしい~」

と言って2階へ逃げた次男が残していった記念誌とDVDを

capricornus と二人でニヤニヤしながら見た。

pig 「『恥ずかしい~』とか言いながら、

   私たちに見てほしいんジャン(笑)」

以下は記念誌とDVDのテロップの抜粋。 ( )内解説はpig

  5月の体育祭。一つの衝撃的な応援が青組団の手によって

 生み出された。その名は「ダッシュ・マッスル・ジャンプ・ヴォイス」

 略して「DMJV」。全校生徒に愛され、その後市中陸上のみならず

 ○中祭フィナーレでも全校生徒が一丸となって行い、さらには

 PTAの卒業を祝う会、送別会でも保護者の方といっしょに行うなど

 今年度一世を風靡した伝説の応援となった。間違いなく、UEDA

 (第1回体育祭で生まれた応援の金字塔)と共にこれからも

 ○中の応援には欠かせないものとなるだろう。

          (記念誌 「各年度の歩み 平成21年度」 より)

  考案した○○○(dog)さんが誕生のウラ話を話してくれた。

 「風呂に入っていたら、突然このリズムが頭に降りてきました。

 次の日、帰りの会でやったら みんなの第一印象は最悪で・・・

 だって、長いし、振りが恥ずかしいし・・・ (中略) 3年生だけで

 練習していたら、1,2年がおもしろがって自然にマネし始めた。」      

                   (中略)

  時代は移り変わっても 応援の開拓精神は変わらない。

 ○○○(dog)さんが話してくれた。  (中略)

 「本番までずっと恥ずかしかった。長いとか、みんな文句言ってくるから。

 DMJVを○中祭とか激励会とかでやったりやられたりが超恥ずかしい。

 (体育祭で盛り上がった) 『あの応援をもう一度!』みたいな(ノリで

 こられると…)。  (中略)  新しい伝統の応援とか言われて、

 だんだん盛り上がっていったのはすごかった。 でもUEDAを

 『超えてみせよう!』としてじゃなく、ただ自分たちの応援を楽しみ

 ながら創りたかっただけだった。 こういうのは みんなが楽しめて

 いつの間にか 『超えちゃう』 くらいがいい。」

                            (DVDテロップより)

最後のワンフレーズにシビレてしまった、親バカ母 pig でした(笑)

 

     去年の体育祭の記事   こちら

| | コメント (2)

2010年9月 3日 (金)

死ぬなよ…

夜中に2階で洗濯物を干していると、薄暗がりの中、

次男が立っていた。 そして唐突に一言…

    「母さん… 死ぬなよ。」

…ドキッとした。 意外とマジだったからね。

pig 「死ぬな、か。そう言われてもねぇ…

   お母さんだっていつかは死ぬわよ、

   たぶん…きっと。

   でも、どうしたのサ、急に。」

dog 「お母さんを知る人たちはみんなサ、

   お母さんは殺しても死なないって思っているけど、サ…」

pig 「プッdash シッツレイしちゃうわねぇ!(笑)」

dog 「実はお母さんって、すごく弱いんじゃないか?

   オレにはわかる! だから…死ぬんじゃないぞ。」

くぅぅぅぅぅ~~~~~ 泣かせるねぇ~~~ crying

いつもオチャラケている次男だけど、

この子はたまに(ホントにたま~にだけど)

私の心をわしづかみにする言葉を吐くときがある。

pig 「大丈夫、まだしばらくは死ねないから。

                   …ありがとね。」

最後の「ありがとね」は涙声になってはいなかっただろうか?

薄暗がりでよかった、泣きそうな顔を見られなくて。

と、同時に次男がこのときどんな顔をしていたのか、

見たかったけれど…見れなかった。

| | コメント (10)

2010年4月21日 (水)

バ ・ リ ・ カ ・ ン !

日曜日の夜のこと、風呂からあがった次男が

dog 「母さん、オレ、これから床屋行って髪切ってくる。」

pig 「へっ?  今から? なんで? まだそんなにのびてないジャン。」

dog 「いや、坊主にする、坊主!」

ボーズ…ボーズ??? 一瞬ボーズの意味がわかんなかったよ。

ましてなぜ急に今ボーズなのか?・・・わっからん!

ボーズ、つまり頭を丸めるっていうことか?

入学早々何かしでかしましたか、ウチの子? coldsweats02

日曜日の夜、すでに営業時間も過ぎているであろう半径1㎞以内の

床屋(美容院も含む…てか、美容院でボーズ!勇気いりそう。coldsweats01)に

片っ端から電話するもやはり gawk シューリョー。

岩手ではたいていの理美容業は月曜休み。

なかには月曜と第三火曜日の連休というところも。

pig 「あきらめるんだね。今日はやめなさい、ってことだよ。」

dog 「いーや、今日切る!でないと決心が鈍る!」

・・・ 次男よ、オマエハ イッタイ ナニヲ ケッシン シタノダ? gawk

dog 「あ!そうだ!!」 と言うが早いか、次男のとった行動 ↓ 

Photo

近所の友達に電話。 「バリカン貸してくれ!」

そのお友達は中学まで一緒の子で、野球部でした。

彼の髪はいつもお母さんがバリカンで刈っていました。

pig 「シェ~~ shock やめなよ、アンタ。 ご迷惑でしょ。angry 」

思い立ったらブレーキがきかなくなるのが、おもいっきり私の DNA 。

母が止めるのも聞かず、ソッコーで家を飛び出していきました。 run

そしてソッコーで戻った次男の手には…バ・リ・カ・ン!

dog 「母さん、頼む! いっきにやってくれ!!」

pig 「ゴジョーダンデショ! 自慢じゃないけどアタシャ一度もバリカンなんて

  使ったことないし。 丸刈りといえどもセンスが要求されると思うよ。」

dog 「センス? いらないでしょ、そんなもん。 ただのボーズだよ。

   たのむ! 決心が鈍らないうちに。」

・・・ また出たよ。 ケッシン。 gawk  生まれて初めてバリカンを使う母にも 

それなりの ケッシン&カクゴ がいるんだってば。

あら、でもやってみると意外と簡単。 

決心も覚悟も技術もセンスもいらないわぁ。 scissors

そもそも「バリカン」なんて古式ゆかしい呼び名で呼んでいるけど、

お借りしたのは P社の「カットモード」 という最新式で、

刈った髪の毛が飛び散らず 失敗なしのスグレモノ。

ああ、目からウロコだったよ。私の中でバリカンと言えば

映画『私は貝になりたい』のあのシーンでしたから。(爆)

Photo_2

↑ 頭を丸め、ご満悦の次男。 とりのなん子 さんの『とりぱん』を読む。

V_2 Photo_3

↑ピースscissors(左)って、この顔、やっぱり「うんたま君」(右)そっくり!(笑)

ああ…そう言えば…4年前にも似たようなことがあったっけ。

長男の方がずっとインパクト強かったけど。 coldsweats01   こちら

| | コメント (4)

2010年4月16日 (金)

暮らしみるなり

Photo

4月16日

今日は長男22歳の誕生日です。

mobilephone「お誕生日おめでとう!

  何か美味しいものでも食べなさい。

  からだに気をつけてね。」

の短いメールと、少しのお金を郵便局から送りました。

息子名義の、私は通帳を、長男はカードを持っています。

ほとんど音信不通の長男。どんな暮らしをしているのやら…

記帳された通帳をしばし じっとみる私。 最近は…?

送金分をいっきにはおろさず、5000円、10000円と

小出しに引き出しているようです。

なんだか胸が熱くなって通帳の文字がぼんやりにじみました。

| | コメント (2)

2010年4月 8日 (木)

一年生

Photo

昨日は次男の高校の入学式でした。

( 私としたことがデジカメを忘れていってしまいましたbearing

 ダンナが自分のデジカメでバッチリ・?撮ってブログにアップ

 しておりますので こちら からご覧ください。 )

つい最近までは中学の最高学年にいた息子。

中学の卒業式ではずいぶんと成長し、大人びたなぁ…

なんて感慨ひとしおでしたが、高校の入学式では

なんだかとても幼く感じてしまいました。 coldsweats01

同じ中学からの友達もほとんどなく、見知らぬ顔ばかりで

ものすご~く緊張しているようでした。

そんなこわごわ、不安げな様子がいかにも”一年生”です。(笑)

帰りの車中ではいっきに疲れが出たのか後ろのシートで爆睡。sleepy

Photo_2

さてさて今日は登校初日。

家から学校までは bicycle(自転車①)→bus(電車)→bicycle(自転車②)

という通学手段で所要時間は片道1時間くらいです。

坂を下りればすぐ学校の中学時代よりだいぶ早起きせねばなりません。

実は次男(長男もでしたが)、ほとんど電車やバスに乗ったことがないのです。

電車の時刻や乗り場を調べたり、紙に細かくメモし…たのはcapricornuspigで、

当の本人はdog「行けばわかるだろ」といたってマイペース。

案の定、駅の自動改札ではバシャン!と扉が閉まって大いに慌てたとか。

pig 「だから言ったじゃないの~gawk」と言いたいところをぐっと飲み込んで

「まあ、何事も経験よね。」くらいに止めておきましたとサ。coldsweats01

それでも

dog 「誰も知ったやつがいなくて 昨日はあんまり話せなかったけど、

 今日はクラスの男子のほとんどと仲良くなれたんだぁ。

 ○○ってすっごくいいやつなんだよ、soccer サッカー部一緒に見学に行った。」

なんて話を聞くと救われますね。confident

うん、うん、わかるよ、その気持ち。

だってお母さんも”一年生”だもん。

・・・ かなり ちょっと 薹(とう)がたってる一年生だけど、サ。

| | コメント (4)

2010年3月19日 (金)

桜 咲く!

Sakura_12

(写真はフリー素材から)

次男、高校入試… 合格しました~ happy02

まずはホッdash としました。 

合格発表は自分では行かずに、

dog 「たのむ、父さんが見てきてくれ~sweat01」 と。

(え!行くでしょ、フツー、自分で確かめに… ┐(´д`)┌ヤレヤレ

次男が行く高校はダンナの通勤途中にあるので、

ダンナが仕事帰りに見てきてくれることになりました。

夕方、ダンナからのメールで次男の合格を知った次第です。happy01

今年は気の毒なことにインフルエンザ罹患者が出てしまい、

追試の関係で発表が予定の日より3日も延びてしまいました。

親も子も平静を装ってはいても内心はドキドキ、ビクビク…

合格を知るや次男はいきなり、

dog 「あ~~!! サッカーしたくなってきた~!!」

と、外に飛び出し、バシバシ soccer ボールを蹴り始めました。

わかりやすいっちゃ~、わかりやすい子どもです。 coldsweats01

Photo

私にもちょっといいことがありました。

この一つ前の記事で、「大事な日なのに、惨憺たる結果に…」

みたいなことを書いたのですが、スターバックス マジック(?)とでも

言いましょうか、物事が意外な方向へ進み始めたのです。

このことが本当に「いいこと」へ向かうか否かはもっと進んでみないと

わかりませんが、まずは素直に喜びましょう。confident

いったい、何のこっちゃ? と首をひねる方もおありでしょうが、

はっきりした言い方ができずに…ゴメンナサイ! sweat01

はっきりと言えるのは次男にとっても私にとっても

また新しい季節 cherryblossom がやってくるということ。

| | コメント (17)

より以前の記事一覧