ダンナ

2011年8月27日 (土)

『さよならの風景』

4年前に句集『喝采』を自費出版したダンナ、一羊。

実は自費出版はこれが初めてではありません。

約30年前、就職したての頃、彼は一冊の詩画集を出しています。

え~と、私と知り合う前ですね。 タイトルは『さよならの風景』。

今日、この記事のために押し入れをゴソゴソして探し出しました。

度重なる引っ越しと水害にも耐え、比較的状態はいいです。 ↓

Photo_2

詩は一羊(当時は本名)、画は友人の鈴木亜洋氏(ペンネーム)。

~筆者の弁明~と題したエピローグによれば、詩画集作りを始めた

のは高校3年のことであった。僕が中学時代から書きためていた詩に

鈴木亜洋氏が絵をつけてくれたのである(中略)失恋や片想いの詩が

多いのも、この過去に出会った、あるいは僕の観念が作りあげた架空

の少女らへの憧憬のためである。(中略)あくまで実ることのない想いで

あることは自分自身わかっているのだから、ラブレターであると同時に

別れの手紙でもある。そしてまた、それはとりもなおさず、自分の

「少年期」への訣別でもある。  

遠い憧れは、いつも僕を寂しくさせた。 いや寂しささえも遠かった。

とあります。全部で41編がおさめられていますが、その大半を

貫いているのは「少女趣味」です。(笑)

一羊が生徒達から「シラハマ・ブルー」と呼ばれていた頃、私は彼から

この詩集を手渡されました。 capricornus 「読んでみて。」って。裏表紙には

(およそ上手とは言えない)彼の字でこう書いてありました。

「とんちゃんへ。二人の万有引力を信じて。」 (sweat01sweat01ハズカシーィsweat01sweat01

gawk イッタイ 何人の女性にこのテを使ったんだろう、フンdash

とか思いながら受け取ったのを覚えています。(笑)

そうは思いながらも、読後、ずいぶん長い感想文(?)を書いて

彼に渡したことも記憶にありますが、今その手紙は見あたりません。

41編の大半を占める少女趣味的詩には、正直、ちっとも惹かれま

せんでしたね(爆)。その中から10編、もう、私の特権(どんな?)で

まともそうなのをご紹介します。(画像クリックで大きくなります)

~プロローグ~

  僕を愛し  僕が愛さなかった者へ

  僕を愛し  僕が愛した者へ

  そして

  僕が愛し  僕を愛さなかった者へ

  捧ぐ

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

 

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

41編のなかの比較的好きな、一羊”らしさ”が出ている10編を

載せましたが、一番好きなのは一番最後の「夜空」です。

これだけしか好きじゃないかも(爆)。この詩だけが他の40編とは

異質で、かつ、現在の一羊の俳句に通ずるものがあるように思います。

おもしろいのは、30年近くたっても内なる世界において、

一羊も私もあまり変わっていないということ。進歩がないのね(笑)

昔もこの「夜空」をべた褒めした記憶があります。

筆者の弁明(エピローグ)の最後はこうです。

 武者小路実篤の「淋しい」という詩の終連はこうである。

    愛する者には愛されず

    何事もせずに生きられるために

    自分は自分の淋しいことの好きなことを

    感謝する。

 僕の唯一の友人でもあるような「さびしさ」も、

 ふと気づけば、見知らぬ他人の顔をしている。

 いつも僕の影法師のように寄り添ってきた

 「さびしさ」に、ふいに後から目隠しをされて

 僕は迷子になってしまう。

Photo_13   青は静寂、青は「さびしさ」、

  詩であれ俳句であれ、

    これらはみな

  一羊という人の

    真ん真ん中にある、

    しんと静まりかえった

「青」から湧き出ているに違いない。

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

ついに!?

今日、帰ったら郵便物の中にこんな封筒が・・・

Photo

「日本野鳥の会」って書いてる! catface

「いつでも会員募集」って書いてるよ!

入ったのか? 入るのか? ・・・ 一羊!(笑)

Photo_2

マークがかわいい! lovely

Kotan Kor Kamuy」(コタン・コロ・カムイ)って書いてる。

カムイってアイヌの神様(精霊)だよね。

ウィキペディアによると…

 アイヌ民族の伝統的な世界観では、カムイは動植物や自然現象、

 あらゆるものに宿っているとされる。そしてある一定の使命を帯びて

 人間の世界であるアイヌ・モシリ (aynu mosir) にやってくる際、

 その使命に応じた衣服(肉体)を身にまとうという。

 例えばキムン・カムイ (kim un kamuy, 山にいるカムイ)はヒグマ、

 レプン・カムイ (rep un kamuy, 沖にいるカムイ)はシャチ。

 そしてコタン・コロ・カムイ (kotan kor kamuy, 集落を護るカムイ)

 はシマフクロウだそうです。

画像で見ると迫力ある~、いかにも神様っぽいです。

でもマーク(イラスト)はカワイイ。

最初、「モグラ?」って思ったもん(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

見ようとする者のところへ

最近、野鳥(の撮影)に凝りだしたダンナ。

道を歩いていても、車を運転中も、いろいろな鳥が

目に入ってくるようです。(それはそれで危なくて心配ですが…catface

普段は寡黙な人ですが、昨日の夕飯時はちょっと違いました。

ダンナとしてはめずらしく興奮気味な口調。

なんでも昨日の朝、出勤途中で鶴を見たとか。

後で調べたらアネハヅルという、日本ではちょっと珍しいツルと判明。

そして、今日、ダンナ撮影のアネハヅルが岩手日報と盛岡タイムスに

掲載されましたsign01

昨日、ご飯を食べることに夢中の次男と私は「ふ~ん」と聞き流していましたが、

今日の新聞記事と写真を見て capricornus のカブは急上昇up(ゲンキンね・笑)

dog 「おっ!スゲエ!写真の横にお父さんの名前が載ってる。」

pig 「ほほぉ~、ナニナニ… へぇ~、このツルってヒマラヤを越えてインドへ

   渡るんだってよ。8000メートル級の山々を越えて飛ぶなんてすごいわね~

   ねえ、知ってた? ツルの仲間では小型なんだって。特徴はね…」

capricornus 「知ってるよ。…それって昨日の晩ご飯のときに説明したんですけど。gawk

dogpig 「ア、アレ?そうだった?アハハsweat01

      chick    chick  chickchick chick   chickchickchick

もしかしたらこれまでも珍しい鳥を見ていたのかもしれないな。

でも気づかなかった。

見ようとする者だけに見え、

聞こうとする者だけに聞こえるものらしい。  

…たぶんね。

   chick chickchick     chickchick   chick    chickchickchickchick

アネハヅルの写真はダンナのブログでご覧ください。  こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

餌台設置から薬草風呂まで

Photo_18

日曜の朝食。 モロヘイヤ粉と白ごま入りパンケーキ、オニオンスープ、

大根サラダ、ヨーグルト、キーウィフルーツ、コーヒー。

今朝はちょっとだけ気合い入ってるヨ! 今日はやるよ、草取り。rock

Photo_19

今日はダンナも頑張ってくれている。 イチオウね。

(途中ずいぶん長い間家の中で休憩していたので、のぞいたらまったりと

カルピス飲んでた~。 capricornus 「水分補給だよぉ~」)

実はダンナにはある計画があったのです。 それはこれ! ↓

Photo_20

雑草を抜き、花壇の隅に設置した小鳥用水飲み(水浴び)場。

でも…あんまりオシャレじゃない。  ア~ンドこれ!↓

Photo_21

鳥の餌台。 グランドカバー(ものは言いよう…アハッ。)のドクダミの可憐な

花が一羊お手製の餌台をいやがおうにも引き立てますね~(笑)

庭に小鳥を呼んで、餌をついばむ姿や水浴びする様を、家の中から撮影

するのが目的です。 餌台端の鳥の焼き物は次男が小三のときの作品。

pig 「あら、ステキ。でも、来るかな~?小鳥。今は森に豊富に餌があるから

   来てもせいぜいスズメくらいじゃない(笑)」

capricornus 「いいんだ、まずはスズメからなんだよ。 スズメは意外に慎重派だから

   他の鳥たちもスズメの行動を見てから安全を確認するんだよ。水浴び

   の場所はねぇ、ウンチャラ カンチャラ。。。」

やはりこの人は学者タイプだな。なんでもそうだけど、興味を持ったらとことん

研究する。 最初は図書館から野鳥の本を数冊借りてきた。次に野鳥のビデオ、

それからCD。コンポから流れる鳥の鳴き声をジィ~ッと聴いていたかと思えば、

capricornus 「…これはキビタキだな。…お、これはサンコウチョウ。え~と、これは…」

コンポに向かってブツブツとつぶやく後ろ姿はか~なりアヤシイよ(爆)

Photo_22

↑ 2階のベランダから見た餌台と水場。 

 ン! アレ? 餌台のはじっこにあった焼き物の餌入れがない。

落っこちたのかな~、とドグダミをあちこちかき分けて探すも…ない。

変ね~、ふと顔を上げてビックリ!

Photo_23

↑ ウッソ~! shock なんで道路の真ん中に落ちてる~? 

Photo_24  ああ… 次男の力作が~

  くちばし、欠けちゃったし~

 dog 「てか、思い出の品とか

  言いながら、オレの作品を

  鳥の餌入れにしてる時点で

  母の愛情疑うし…gawk

いや~、ごめんよぉ~sweat01 それにしてもイッタイ誰のしわざよ! annoy

capricornus 「たぶん、カラスだな。 これちょっと光ってるから自分の巣に運ぼうと

 したけど、途中で落としちゃったんだ。 カラスって光るの好きだから。」

…て、それくらい私でも知ってるわよ。 チッ!スズメじゃなくてカラスかよ。

カラスが来たら小鳥なんか寄りつくはずないジャン。 そんでもってカラスに

餌付けする家ってことで、近所から白い目で見られるかも、ヤダァ~ sweat02

トカナントカ、家族で鳥の話題はつきません。で、今夜のメニューは…

Photo_25

↑ 鳥(鶏)の唐揚げ~(爆)

 gawk ブラックだな…母さん。  coldsweats01 いえ、たまたまです。

一日の疲れは庭で摘んだ薬草で癒しましょう。(これまたものは言いよう)

Photo_26

↑午前の草取りの時、きれいなところを。 左からヨモギ、スギナ、ドクダミ。

これを洗って半日干したらキッチン用水切り袋へ。 それをバスタブへポン!

Photo_27

↑ 薬草風呂です。 ええ、誰が何と言おうと薬草風呂です!

  うっすらとした緑色、ドクダミの匂いが気になるかなと思ったのですが、

  大丈夫。あ、でも嫌いな人はダメかもね。ウチの家族はオッケーでした。

 薬効がどれほどのものかわかりませんが、ま、何となく身体によさげでしょ。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

「愛している」よりも

さりげない会話だった。

玄関先で。

ワタシは靴をはきながら、

アナタは上がりかまちに立ったまま。

何の話をしていたんだっけ?

そうそう、仕事の話だった。

pig 「やっぱ、能力ないのかな?(笑)」

capricornus 「ワタシは信じてるよ。」

名残雪降る坂道を下りながら

ほんのちょっとだけスキップした。

「信じている」は「いってらっしゃい」の

代わりだったかも。

でも・・・

(言われたことないけど)

「愛している」って言われるより

嬉しかった。

24回目の結婚記念日の前日。

Photo_2

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

忘れていた言葉

被災地支援より無事(?)に戻ったダンナ。

疲れも見せず、意外と元気だわ~

・・・と、安心していたら、やっぱり寝込みました~ coldsweats01

頭痛&吐き気という、いつもの寝込みではなく、

今回は完璧な風邪の症状で、昨日は38.7度まで熱が上がりました。

薬を飲んで今日は平熱に戻り、野菜スープなどを口にしております。

Photo_2

今朝、実家の母から電話が…

「お誕生日おめでとう!」って。

母さん、思い出してくれて ありがとう。

産んでくれて ありがとう。 confident

でも、母さん、あなたが私を産んでくださった日から

もう、3日も過ぎてます!(爆)

そんなこんなで(どんな?) birthdayケーキも presentプレゼントも 花束もなく

過ぎていってしまったけれど、

やっぱり忘れられない節目の誕生日となったのでした。

Photo

庭の片隅に小さな光。 クロッカスの花。

ダンナのブログによると、庭にクロッカスが咲いたことも、

雪が溶けたことにも気づかなかったそう。

そういえば、毎年きまって告げていた「クロッカス咲いたわよ」を

今年は言っていなかったことに気づいた私なのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

帰ってきました

3泊4日の短い時間ではありましたが、ダンナ、被災地支援より戻りました。

作業着姿に首からタオル、白髪交じりの無精ヒゲ。

文字にすると、そのどれもが およそダンナらしからぬものなのに、

なんとなくサマになって見えたのは なぜかしら。

「おかえりなさい。」を言う前に、手はひとりでに珍しいものに触れようとする。

ザラザラと痛い とがったあごをさすりながら、最初に出た言葉は

「けっこう のびたわね。」 だった。(笑)

Photo_2

普段と変わらぬ、ささやかながらも 温かい食事。

そして今は お風呂場から静かに湯を使う音がしています。

まずはご報告まで。

被災地での様子はダンナが風呂上がり後 記事にすることでしょう。

 ( 一羊俳句道場  こちら ) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

元気そうでした

18日の午前7時30分に被災地に向け盛岡を出発した

ダンナ capricornus でしたが、2時間後の9時30分、

「今、金ヶ崎です。」のメールを最後に連絡が途絶えました。

予想はしていましたが、その後、何度もメールするも応答無し。

もちろん携帯の電話もつながらなくて…体調が万全でなかっただけに

心配していました。 が、今日の午後、本人から短い電話で

capricornus 「今、大船渡の合同庁舎 telephone から。発信のみで受信できないから。

 たぶんこれからも連絡できないけど、大丈夫だから心配しないで。」と。

意外にもしっかりした声でしたので、少し安心しました。

信じて待ちましょう。    まずはご報告まで。 confident

Photo_2

震災から一週間、たくさんの方からのお見舞いや励ましの

お電話、メール、ありがとうございます。

大きな心の支えです。

遠方から心配して電話をくださる俳句関係者の温かいお言葉を

そのまま一羊に伝えられたなら…もどかしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

被災地へ

ずっと余震が続いています。

なんだかいつも揺れている感じ…船に乗っているような。

多少の揺れには動じなくなっていて、これはこれでキケンですよね。

そんな中、今朝早くダンナ capricornus が被災地支援部隊(?)として

壊滅的な被害を受けた岩手県沿岸南部へと出かけました。

Photo

16日、17日は自宅待機命令。

被災地での食料、水、その他は基本的に自前でということでしたので

この2日間で、18日から4日分の日持ちのする食料などを準備しなく

てはならなかったのですが、今はどこのスーパーもあらゆる物が品薄で

手に入りにくい状態です。当然のことながら保存食から売り切れるしね。

しかもガソリンが全然ない! bearing これはかなりイタイです。

これでは自他共に認めるお買い物博士(capricornus)もお手上げです。

それでも自転車を走らせいろいろ工面しているようでしたが、

もうそれだけで疲れちゃったのでしょう、昨日私が帰宅すると

寝込んでました~~~ shock 

Photo

横たわるダンナを前に、「あぁ、やっぱりね」という気持ちと、

明日から4日間、過酷な状況へ身を投じねばならない、

草食系…というよりは”草”そのもののような人をどう励ませばいいのやら。

pig 「今日はね、奇跡的にお肉が手に入ったのよ!

   あなたの好きなビーフシチューにしましょうね。」

capricornus 「・・・・・ うぅ。なんだか胃がムカムカする。・・・食べなくていい。」

pig 「あら、残念sweat01 じゃ、私たち pigdog だけいただくわね。

   ところで、準備どれくらい進んだの?」

capricornus 「・・・・・ あんまり。何をどれくらい用意すればいいか、段々わからなく

   なってきた。適当にカバンに詰めてみたけど。」

へっ? …カバンに? …詰めたってかい? …これで?

「ちょっとぉ~、今日一日何をしていたのよ!」 とか

「たったの4日間だけじゃない。もっと辛い思いをしている人達が…」 とか

そんな言葉はマイナスでしかない。 だからそこはグッと飲み込んだ。

飲み込んではみたものの、腹の底にあるマイナス言葉は水面波のように

相手に伝わるらしい。 ヨロヨロと起き出したダンナを手伝って荷造りをした。

毛布やタオルも足りていないらしいから、帰りはどなたかに使っていただければ

いい。乾電池やホッカイロ、ゴミ袋も提供できる限りのところで…あれやこれや

詰めていたらけっこうな量になりました。

Photo

お風呂からあがったダンナの肩をアロマオイルでマッサージ。

電気を消して…キャンドルの灯で。

風呂上がりというのに、肩の、首の筋肉がずいぶんと固い。

全ては当日行ってから、ということで、行き先の具体的な地名も、

状況も(連絡はとりあえるかなど)、支援内容もわからず、

漠然とした不安を抱えながら、気の利いた言葉も見つからない。

「そう、呼吸よ。体が辛くなったら腹式で深呼吸をしてね。」 なんて、

わけわかんないこと言ってるし、私ってば(笑)

でも、ちょっと回復したようで、capricornus 「少し食べる。」

ビーフシチューを食べて寝ました。 coldsweats01

Photo

当日(今日)毛布やカバンやリュックなど、一人では持ちきれないので

集合場所までは二人で自転車で行くことにして、朝の7時に出発。

きっと他の方もご家族がお見送りにいらしているわ…と思いきや、

当然のことながら皆さま自立した大人でいらっしゃるので、

そんな過保護妻、バカップルは capricornuspig だけでした~(爆)

どん引きされた…ハハ、ハ。sweat02

Photo_3

一緒に行く同僚の方々はとても気さくでにこやかで、

救われた気持ちになりました。

それでもいざ出発と車に乗り込むときには

きっと一様に真顔になるだろう。

その一瞬の真顔を見るのが辛くて

ミョーにハイテンションで、出発を見送らずに

そそくさと帰ってきてしまいました。

一羊はやるときゃやる男です!…たぶん、いえ、きっと。

どうか、無事で…

私の祈りは続きます。

Photo_5

節電のため、少しの間更新をお休みします。

コメントのお返しが遅くなること、お許しくださいませ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

貴公子、青森を目指す

Photo_4

今日もまた 生まれた つらら

お日さまの光に きらら きらら

空が明るさを増すほどに

ふるる ふるると 涙の雫を落とします

あれはきっと 惜別の涙

はかない命を想う なみだ

Photo_5

昨夜、東京から盛岡へ戻ったダンナ、一羊。

いつものパターンで、今日はきっと得意の”寝込み”を想定していた私。

・・・想定外でした。

いつもの休日なら昼近くまで寝ている人が、朝もはよからバタバタと。

朝、8時台の新幹線に乗るべく、元気よく家を飛び出してゆきました。

pig 「えっ!どこ行くの~?」

capricornus 「青森までちょっと。夕方帰るね~」

点になった目をしばたきながら アタシャ気づいたね。

そしてゆっくり目を上にやり、つららを眺めながらつぶやいた。

pig 「そっか。。。あの人、ケチだったんだ。」(爆)

実は彼、東京へはJRの「大人の休日倶楽部」を利用したのです。

そう、あの吉永さゆりさんのCMでおなじみの。

JR東日本全線+函館+金沢・福井が3日間乗り放題でなんと、

12,000円なんです。しかも指定席も6回まで込みのお値段!

期間限定商品なのですが、今回の東京行きと期間がバッチリ

合ったのでした。つまりチケットの有効期限が今日まで続いている

というわけです。 せっかくだから昨年12月に開業したばかりの

新青森駅に行ってみようと考えたのでしょう。

普段なら盛岡市内をちょっと歩くだけでもヘロヘロになる一羊ですが

う~~~む。。。おそるべし!ケチケチ魂! coldsweats01

もしかして函館まで行っちゃったりして。

一羊さぁ~ん、お土産、期待してますわよ~ん。heart01

Photo

追記 pencil

ケチケチ魂に火のついた一羊、勇んで新青森へと向かったものの、

さすが青森、うららかな今日の盛岡とうって変わり、大雪だったそうです。

そのためダイヤが乱れて車内も駅も大混乱だったとか。

ハハ、ハ。。。 そう言えば一羊、雨男ジャン。 ( ´艸`)プププ

晴れ女の私は日がな一日、口をあけて つららなんぞを眺めていたら

あいた口にはぼた餅が。

正確には青森は はとや製菓のフルーツ大福です。

これがホントの タナボタ というやつですね。

はい、おあとがよろしいようで… m(_ _)m

新青森駅の様子とはとや製菓の大福は 一羊のブログでご覧ください。

    こちら

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧