グルメ・クッキング

2011年8月19日 (金)

なんちゃって「冷やし飴」

毎年、お盆が過ぎると 岩手の空気が変わるのがわかります。

二日ばかり降り続いた雨が去った今朝、はっきりと「秋」を感じました。

それでもまだ8月、夏としてはもう少し留まりたい気持ちでいることでしょう。

先日、ふらんす堂の社長、yamaokaさんのブログで知った「冷やし飴」

なるものが気になっていました。奈良の名物だとか。

調べてみると、どうやら関西ではおなじみの夏の飲料であることが

わかりました。 さらにいくつかのレシピを参考に、作ってみましたよ。

Photo

↑ 材料は市販の水飴、根生姜、ティーバッグ紅茶、砂糖、水。

これだけ。作り方もいたって簡単です。

Photo_2

①水飴(約250g)と水(800cc)、砂糖(大さじ6)を中火にかけます。

②煮立つまでの間に生姜を皮ごとすりおろし、汁をしぼっておきます。

③煮立ったら火をとめ、紅茶のティーバッグを入れ色を出します。

④鍋を火からおろし、あら熱がとれたら生姜のしぼり汁を入れます。

※白砂糖ではなく、きび砂糖を使ったせいか、色がちょっと悪く

 なったので、レモン果汁(市販)も少し入れました。

Photo_3

容器に移し、冷蔵庫で冷やします。

Photo_4

はい、出来上がり! さっそくいただきましょう! ゴクゴク…

う~む…おいしけど、ホントにこの味でいいのかな?

なにせ、元々の味を知らないので… coldsweats01

たぶん、生姜汁の量が多かった。(まるごと1個使用)

舌に生姜のピリピリ感が残ります。

子どもも飲むことを考えれば、生姜汁は風味付け程度でいいのかもね。

でも、大人の私にはじゅうぶんおいしい。 元気になれそうな味です。

なんちゃって「冷やし飴」でした~。 happy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

ふらっと君とミネストローネ

大学が夏休みとなり、長男が友達を連れてふらっと帰ってきた。

ほんとは前から「帰るよ」という連絡は受けていたけど、

風のようなこの子には「ふらっと」がよく似合う。

すぐにまたふらっと戻っていくのだろう。

Mine_3

そんなふらっと君達への朝食は、具だくさんミネストローネ。

写真を撮るのを忘れちゃったので、上の写真はYahooの画像から

ウチのミネストローネに近いものをお借りしました。 coldsweats01

cat 「このミネストローネ、うめぇ!」

と、お褒めにあずかったので、作り方教えました。チョー簡単です。

タマネギ、ニンジン、ピーマン、キャベツ、シメジなど冷蔵庫にある野菜と

ウインナー(ベーコン)をコロコロに切って、オリーブオイル(サラダ油)で

さっと炒め、そこに水とザクザク切ったトマト、コンソメを入れてコトコト

10分ほど煮たらケチャップ(量テキトー)、塩こしょうで味を調え、

最後に早ゆでマカロニ(90秒)をダイレクトに鍋に投入、で出来上がり。

お好みですが、スイートチリソースを少し入れるとピリッとしておいしい。

冷凍のミックスベジタブルや豆の水煮、カットトマト(缶詰)を使うともっと簡単。

最初にニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒めるという一手間で

おいしさグッとアップします…が、なかったので今日は使いませんでした。

野菜を炒めずにダイレクトに煮ると油を使わずヘルシー。

こんな時間がしみじみと嬉しい。

そんなものです、母親なんて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

八戸土産

Photo_13

先日 遊びにいらした方からのお土産。

八戸名物がいっぱい! ありがとうございま~す。 happy01

真ん中は青森県民のおふくろの味、上北農産加工のスタミナ源たれ

通称「源たれ」…というのだと、他県のカンナさんから以前教わりました。

早速 capricornuspig おすそ分けに水沢へ。 rvcardash

実はおじいちゃんはその昔(18~22歳頃?)八戸で暮らしていたことが

あるのです。 これは私がお嫁に来てから おじいちゃんが病気になる

までの約20年間にさんざん聞かされていたことです。

八戸時代は戦時中から敗戦直後の激動の時期で、おじいちゃん自身も

若くして父(capricornus の祖父)を失い、相当苦労した時期だったようですが、

当人にとっては人生の中で一番輝いていた時でもあったようです。

病気になる前、私が「戦争という暗い時代に多感な年頃で、しかも

お父さんまで亡くなって、ずいぶん大変でしたね。」と言うと、

「いや、大変なときでも、世の中が暗くても、自分の中にはそれなりに

楽しみがあるもんなんだ。その時その時で楽しみを見つけるのサ。」

と答えたものでした。

八戸を語るときのおじいちゃんは いきいきとして、愉快そうです。

蕪島のウミネコの卵を悪友としっけいして食べちゃったこと、

海に潜ってウニを採っていたらコンブに巻き付かれて死にかけたこと、

父親が死に、若くして缶詰工場のオーナーになったこと、

酒と煙草も八戸でおぼえたこと、ちょっと”粋な”遊びもしたこと…

海軍(養成学校?)で身につけた写真技術が生業に結びついたこと、

缶詰工場を人に譲り、水沢で始めた写真屋の名前を、

それまで暮らした八戸の町名からとってつけたこと…

さっきまでのいっさいのことを忘れても、八戸の記憶は残っている

ようです。ただ言葉が出てこなくなったので、私が助け船を出すと、

「アンタ、よく知ってるねぇ、オレより知ってんでねぇか?」って(爆)

(そりゃね、あれだけ聞かされて、耳にタコで、そのタコが

私の耳の中で踊っちゃってるからね・笑)

爺:「何々、花万の『なかよし』…おお、八戸の白銀で作ってら!

  オレがいた隣町だ~。いや~、わざわざオレのために八戸から

  届けにきてくれたの? アリガト、アリガト。」…ムシャムシャ。

pig 「そ、そーだよ。美味しいから食べて…って、もう食べてるし。」

… ちょっと違うけど、ま、そう思わせておくか。(Fさん、ゴメンナサイsweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

やる気!

やることは、ね、いっぱいあるのよ。

やらなきゃいけないことが…そう、いっぱい。

でも…やる気がでないときってあります。

そんな時は…

capricornuspig 「やる気村に行こう!」

「元気村」でも「いきいき村」でもありません。

やる気、やる気、やる気がいっぱいの「やる気村」。

実はここはブログ仲間の裕子母さんのお父様がオーナーです。

Photo

↑ やる気村にある やる気茶屋。

オーナーのご令嬢である裕子母さんも時々お手伝いにくるようです。

今日はいるかな…いました! よかった~。

Photo_2

↑ やる気茶屋イチオシの 「味噌ゴジララーメン」

なんでゴジラかって? それはこれが激辛ラーメンで、ゴジラのように

口から火を噴いちゃうから!…じゃないかな、確認してないけど。(笑)

いや~、前から食べたい食べたいと思っていたのですが、

なにせこのボリューム、とっても一人では食べきれないと…

でも、勇気をふりしぼって(?)裕子母さんにお願いしてみましたよ

pig 「あの~、二人で一つでも…いいかな?それと辛さ半分で。」

裕:「もちろん、いいわよ~」

取り分け用にお椀をつけていただきました。

お味はそりゃもう、想像どおり。 delicious うっま~い!!!heart04

たっぷりの野菜としっかりした味の特製チャーシュー、

ニンニクとゴマもた~っぷり。 辛さは半分でもけっこう辛かったので

普通の辛さだとホントに火を噴いちゃうかも。辛いモノ好きには

たまらぬ旨さでしょう。 クセになる味です。

今度は次男も連れてこようっと。

Photo_9

Photo_12

↑ やる気茶屋のお座敷、床の間の壁は炭が組み込まれています。

岩手県は木炭生産量が日本一なのだそうです。全国木炭協会会長

であるオーナー(裕子母さんのお父様)のこだわりであり、ご自慢の

床の間なのですね。炭は燃料以外にも空気の浄化、湿気防止にも

大きな効力があり、やる気茶屋の床下にも大量の炭が使われています。

Photo_3

Photo_4

↑ やる気茶屋の裏庭(裏山)

Photo_6

↑ さすが やる気村、「やる気」が溢れています(笑)

ダンナが「やる気! やる気!」で参道を登ったかどうかは

アヤシイですが、ダンナ(写真左上)の立っているあたりに

やる気地蔵が。写真撮るの忘れましたが、このお地蔵さん、

木魚にもたれて眠る一休さんで、まことに可愛らしい。

(pencil追記:スミマセン、一休さんはやる気地蔵に参拝する前に

お清めする所らしいです。by capricornus。えっsweat01じゃ、やる気地蔵様はどこ?

裕子母さん、ゴメンナサイ、よく見ていませんでした~ sweat02

写真右側の小屋は小さな炭の博物館で、世界の炭が展示されています。

Photo_7

Photo_8

↑ ゴジラ君の石像。たすき掛けで交通安全を呼びかけています。

実はオーナー、盛岡交通安全協会の会長さんでもいらっしゃいます。

Photo_10

↑ もう、これでもかというくらいの「やる気」喚起!

capricornus 「やる気村、まさに とんこにうってつけのところですなぁ・笑

   その看板はずして台所に吊したらどう?」

pig 「・・・・・gawk(そうきたか!)」(忍法聞こえないフリ)

これらの看板はすべてオーナーの手作りだとか。

やる気に満ちあふれるオーナー、裕子母さんのお父様に

ご挨拶して帰りましょう。

このときもお庭で看板にペンキを塗っている最中でした。

ちょっとご挨拶…のつもりが、お父様のお話がおもしろく、

引き込まれて…お父様も駐車場まで見送ってくださいました。

capricornuspig 「ごちそうさまでした~。失礼いたしま~す。」

何よりもオーナーに「やる気」をいただいたのでした(笑)

Photo_11

↑ やる気村は綱取ダム湖畔にあります。

萌え出た柳の緑と、ダム湖の緑が美しいです。

メジロがたくさんいました。

 顼やる気茶屋顼

 岩手県盛岡市浅岸貝田43-15   019-625-3151

 営業時間11時~15時半(スープが無くなったら終わり))

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

アップルパイと敬礼

ず~~~っと長い間冷凍庫で眠っていたパイシートと、

実家からもらった apple リンゴで、ものすご~く久々に

アップルパイを焼いた。

Photo_9

Photo_10

おじいちゃん、旨い旨いと、あっという間に1/8切れを完食。

アップルパイをご馳走した代わりに、海軍式の敬礼を教わった。

直立不動で向かい合い、腕の曲げ方、指先の位置まで、

教官(爺)は意外にも厳しかった(笑)

美しく、正しい敬礼は、65年経ってもこの人の髄に存在している。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

「断捨離」…とは言わない、か。

4月になりました。 新年度、新学期、新生活…

いつもの年に比べて控えめではありますが、

新聞や雑誌、お店などで「新」の文字が躍っています。

「新」はスタート、「新」はリセット。

新しく生きるためには数多の古いモノと向き合わねばなりません。

そして時にはそれらのモノと潔く決別せねばなりますまい。

「断捨離」とか言うんでしょうかね。

…て、なんのことはない、台所の話です。

震災後、あまりアレコレと食材を買わなくなった…ような気がします。

ものすご~く節約家になったかと問われれば、赤面しうつむくしかないですが。

なるべく(全くではありません)買わないで、今あるモノで賄おう。(「断」?)

で、古い乾物、粉類の消費(「捨」ではないですね)に頭をめぐらせております。

Photo

↑ 残っていたナンの粉と残り野菜で…

Photo_2

↑ これにとろけるチーズをのっけて焼けばピザ、よね?

 ピザソースないからケチャップとチリソース混ぜてみたけど。

Photo_3

↑ え!もうこんなに食べたの? 写真撮ろうと思ってたのに~

 お見苦しい写真でスミマセンsweat01 …美味しかったようです。 coldsweats01

 食欲から「離」れることは…とうてい無理です。

 apple  bread  apple  bread  apple  bread  apple  bread  apple  bread

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

旨い店あり(中の橋通り界隈)

盛岡の中でも最も盛岡らしい…と、私が勝手に思い込んでいる場所。

それはやっぱり中の橋周辺ですね。市の中心部にしてのんびり、

ゆったりした気分にさせてくれるのは、中津川のおかげです。

Photo

春には わすれな草がせせらぎのほとりを飾り、

夏には ちゃぐちゃぐ馬っこが水を飲み、

秋には 鮭が帰ってきて、

冬には 白鳥が舞い降りる。

川の流れを眺めながら ござ九裏の 柳の下を歩くとき、

自然にやさしい気持ちになれるから不思議。

街のたたずまいも好き。

肴町、上の橋~中の橋~下の橋 通りには

素敵なお店がたくさんあるのです。

ひとりでふらりと入っても、とても居心地のいいお店が。

ずっと気になっていて、今日、初めて入ったお店を紹介しますね。

Photo_4

中の橋通りにある、小さなカレー工房、 「chalten(チャルテン)」

入り口のプレートが「準備中」になっているのは、お店を出た後の

午後3時過ぎに撮ったから。

(営業:11:30~15:00、18:00~20:00)

午後2時。休日の遅めのランチ。

ダンナにも子どもにもナイショ(?)の一人時間。catface

Photo_6

↑野菜カレーをいただきました。これにサラダがついて800円。

プラス100円でホットコーヒーかアイスかラッシーがついてきます。

ラッシーというのはインド(南米?)のヨーグルトドリンクだそうです。

牛乳系が苦手なのでたのまなかったけど。

Photo_5

↑店内もこじんまりとしていい雰囲気。

私が入った2時頃は満席で、「一人です」と告げるとカウンターにご案内。

テーブル席に背を向けるかたちでゆっくり食べていたから気づかなかった。

やけに静かだなぁ~って振り向くと、だ~れもいなかった。

もうすぐクローズドタイムだもんね。…店を出てから知ったけど。 coldsweats01

それまで忙しく立ち働いていた若い店主と奥さんも、お客がさばけて

ほっと表情がゆるんだので、カウンター越しにちょっと質問。

pig 「お店のBGMや小物が南米っぽいんですけど、カレーって

   南米にもあるんです…よね?」

virgo 「あ、よく聞かれるんですけど、南米にカレーはないんです・笑」

聞けば、店主は大の南米好き、そして大のカレー好き。そこで

大好きな二つをあわせてカレー屋さんを始めたんですって。

なのでカレーに使われている香辛料はインド産だけではなく、

南米の香辛料を使ったオリジナルなんだそうです。

基本のルーは野菜カレーに使われているもので、サラッとしたタイプ。

このルーで鶏肉や豚肉を煮込むと、また違った味わいになるんだとか。

辛さは0番の中辛から15番まで。甘口はないのでお子様には不向き。

私は0番をいただきましたが、それでもじゅうぶん辛いです。

15番に挑戦する人の胃袋ってどんなだろ?

店主と奥さんが自転車で南米大陸を縦断したときのお話しを聞いたり

写真をみせていただいたり、すっかり盛り上がってしまいました~happy01

中でもボリビアのウユニ塩湖(写真は干上がった状態でしたが)の

様子をうっとりと語る奥さんの表情が素敵で、写真と奥さんの顔を

交互に眺めながら聞き入っていると、店主も厨房から出てきて

leo 「そのときの塩、ほんの少しだけ残っているので、食べてみますか?」

pig 「え~~~!そんな貴重なものを…いいんですか?」

とか言いながら、手のひらに一粒のっけてもらったのがコレ。↓

Photo

口の中で静かに溶けていく、まろやかな塩味は格別でした。

Photo_2

「カレー工房チャルテン」はお蕎麦の老舗、わんこそばで有名な「東屋」

の並びにあります。 この他にも中の橋通りには「紅茶のしゅん」や、

「珈琲 六分儀」 など美味しいお店、隠れ家的お店が点在しています。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

ホイル&ホイル

何を今さら…と思われる方もたくさんいらっしゃいましょうが…

最近使ってみて便利だなぁ~と思ったグッズを2つ。

どちらもホイルです。

Photo_6

↑ まずはフライパン用ホイル。

Photo_8Photo_7

目玉焼きやお魚もくっつかずにサラッと皿へ(あ、シャレじゃないよsweat01

Photo_13

↑ お次は石焼き芋よう黒ホイル。

Photo_10 Photo_11

片面が黒くなっているのが特徴です。遠赤効果があるらしいです。

Photo_12

note い~しや~きいもぉ~、お芋! ウン、美味しい! good

最近見つけたちょっとイイモノでした~ happy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年1月 7日 (金)

お正月の記録

豪雪に見舞われた年末年始。

メタボを気にしつつもお餅をたらふく食べ、

あっという間に御用始め、浦島太郎状態での仕事スタート、

もう松もとれてしまってからなんでございますが…

記録として残しておきますね。

Photo

今年のお節・・・できあいのものをお重箱に詰めただけ。 coldsweats01

あとはお雑煮、あんこ、胡桃、胡麻のお餅。 筑前煮。

Photo_2

お節を食べた後は腹ごなしに近くの神社まで元朝参り。

pig 「は~い、カップルで手をつないで~」のかけ声に素直に従う

おじいちゃん、おばあちゃん(前列)と弟(三男)夫婦。 heart04

(相変わらず男性陣は姿勢悪! coldsweats01 )

Photo_3

日高神社で今年一年の息災をお祈りしました。

異教の民のワタクシですが、きちんとお参りしましたよ(笑)。

Photo_4

1月1日は おじいちゃんとおばあちゃんのお誕生日でもあります。

弟夫婦が用意してくれたバースデーケーキのろうそくを仲良く

吹き消す二人。 おじいちゃん、満82歳。おばあちゃん、満77歳。

これからも元気で仲良くね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

いい夫婦の日、だってサ

昨日の11月22日は語呂合わせで「いい(11)ふうふ(22)」の日

ですって。(ちなみに今日、23日は「いいふさい」の日)

だからというわけでもないのですが、たまたま平日休みだったcapricornuspig

「夫婦割引」で最近封切りになった『ハリーポッターと死の秘宝 Part 1

を観てきました。

う~ん… 全体的に暗かったです。ストリー的にしかたないですが。

ハリーたち3人も、すっかり大人ですからね。

「賢者の石」や「秘密の部屋」のようなワクワク感が懐かしい。

私的にはクィディッチや魔法の授業風景がある、初期作品の方が

好きです。

映画の前に 銀河離宮 で腹ごしらえ。

Photo

↑ ダンナが食べた カルホルランチ 980円

Photo_2

↑ 私は 離宮ランチ(日替わり) 780円

  この日は豚しゃぶ鍋定食でした。

いわちく さんの直営店なので、お肉の質と味には定評ありです。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧