« 削減 | トップページ | クモとカマキリとワタシ »

2011年8月19日 (金)

なんちゃって「冷やし飴」

毎年、お盆が過ぎると 岩手の空気が変わるのがわかります。

二日ばかり降り続いた雨が去った今朝、はっきりと「秋」を感じました。

それでもまだ8月、夏としてはもう少し留まりたい気持ちでいることでしょう。

先日、ふらんす堂の社長、yamaokaさんのブログで知った「冷やし飴」

なるものが気になっていました。奈良の名物だとか。

調べてみると、どうやら関西ではおなじみの夏の飲料であることが

わかりました。 さらにいくつかのレシピを参考に、作ってみましたよ。

Photo

↑ 材料は市販の水飴、根生姜、ティーバッグ紅茶、砂糖、水。

これだけ。作り方もいたって簡単です。

Photo_2

①水飴(約250g)と水(800cc)、砂糖(大さじ6)を中火にかけます。

②煮立つまでの間に生姜を皮ごとすりおろし、汁をしぼっておきます。

③煮立ったら火をとめ、紅茶のティーバッグを入れ色を出します。

④鍋を火からおろし、あら熱がとれたら生姜のしぼり汁を入れます。

※白砂糖ではなく、きび砂糖を使ったせいか、色がちょっと悪く

 なったので、レモン果汁(市販)も少し入れました。

Photo_3

容器に移し、冷蔵庫で冷やします。

Photo_4

はい、出来上がり! さっそくいただきましょう! ゴクゴク…

う~む…おいしけど、ホントにこの味でいいのかな?

なにせ、元々の味を知らないので… coldsweats01

たぶん、生姜汁の量が多かった。(まるごと1個使用)

舌に生姜のピリピリ感が残ります。

子どもも飲むことを考えれば、生姜汁は風味付け程度でいいのかもね。

でも、大人の私にはじゅうぶんおいしい。 元気になれそうな味です。

なんちゃって「冷やし飴」でした~。 happy01

|

« 削減 | トップページ | クモとカマキリとワタシ »

コメント

冷やし飴って、どこで飲んだかは忘れちゃったんですが
ちゃんとお店で飲んだことがあります。
ショウガの味がしたことは覚えています。
とんこさん作のも、とっても美味しそうですdelicious

今日は、こちらも雨が降って、肌寒いくらいの陽気です。
昨日とのあまりのギャップに身体がついていけないですwobbly

投稿: みるく | 2011年8月19日 (金) 19:58

即実行のとんこさんですね!
これなら・・私にも出来そうです。
材料をコピ―させて下さいませね!

投稿: りまど | 2011年8月19日 (金) 21:07

こんばんは。

冷し飴、関西にあるそうですね、以前に聞いたことがあります。
普通に食堂とか喫茶店でもメニューにあるのかしら、甘そうなので虫歯が心配?と思いましたが、暑いときは生姜が良いかもです♪

投稿: 空見 | 2011年8月19日 (金) 21:27

pig みるくさんへ

そうですかぁ、ちゃんと生姜の味があったのですね。

一度、本場の冷やし飴を味わってみたいです。
…て、調べていったら、なんと、今年世界遺産に登録された
毛越寺のお休み処にもあることが判明!

毛越寺お休み処は去年行ったところです。
「あま酒」にばかり気を取られていました~ bearing

投稿: はっきんとんこ | 2011年8月20日 (土) 14:44

pig りまどさんへ

かつて脳内メーカーで、中心に「悪」一文字、その周りは
すべて「食」が覆っていたワタクシ、coldsweats01
食への飽くなき追求は続きます(笑)

お好みで生姜汁を加減してください。
私はすごく美味しかったのですが、
capricornusは一口飲んで「マズイ!」でした。
生姜が好きか嫌いかによると思います。

投稿: はっきんとんこ | 2011年8月20日 (土) 14:51

pig 空見さんへ

どうやら関西ではフツーにあるそうですよ。
実は調べたところ、岩手では毛越寺のお休み処にあることが
わかりました。 灯台もと暗しです。

本来の味がわからないので何とも言えませんが、
なんちゃって冷やし飴なので、砂糖や生姜汁の量はお好みで。
冬はホットで、「飴湯」として。 生姜効果で身体が温まると思います。

投稿: はっきんとんこ | 2011年8月20日 (土) 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440420/41278702

この記事へのトラックバック一覧です: なんちゃって「冷やし飴」:

« 削減 | トップページ | クモとカマキリとワタシ »