« 『さよならの風景』 | トップページ | 2012 一陽来復  »

2011年8月29日 (月)

さよなら~万有引力を信じて~

Leaf30e このブログに度々登場していた、おじいちゃん(capricornusの父)が

先週火曜日に入院しました。 認知症を患っていますが、

思いの他病気の進行が早く、この1年で要介護度が1から3、そして4へ。 

自宅での介護は限界とのケアマネジャーさんの判断とアドバイスにより、

我が家から比較的近い病院に。

Leaf30aまた、 以前の記事にもチラリと書きましたが、pig は9月からほぼ

フルタイムに近い状態で働くこととなりました。

Leaf30g このブログを始めてから、ちょうど4年。

・・・このへんが潮時、かな、と思います。

まだ余力のあるうちに(笑)幕を引こうと決めました。

capricornus の、『さよならの風景』の中に、「卒業」という詩があります。

今の私の心情にも似ているので紹介しましょう。

           卒 業

      思い出は 消ゆることなく

      我が想い 絶ゆることなく

      昨日をば 今日懐かしみ

      振り向けば 顔覆(おお)いたる

      我のみぞ 我を追いくる

Leaf30a_2 ブログに限らず、他人(ひと)に読まれる類の文章を書く上で、

私の信条はただ一つ、「怒りを持って文を書かない」ということ。

怒りのある文章はいけません、読む人の心を乱すから。

また、「遊びを持った文を書きたい」というのが一つの願いでした。

遊びはいいですね、クスッと笑えたり、心が軽くなったり、

元気が出ますもの。 4年間の記事数は今日を含めて710件。

果たして、ささやかな信条と願いがこのブログに反映されていたのか…

その判断はここに来て下さった多くの皆さまに委ねることにいたしましょう。

確かに言えることは、私自身が楽しかったということ。

皆様からいただいたコメントは2,200件余り。「繋がる」喜びを知りました。

ありがとうございました。 何万回言っても足りないほどです。

Leaf30e ここはしばらくの間”留守”にいたします。

けれども主(あるじ)が戻ることはないでしょう。 

ごめんなさいです。

これも一つの「さよならの風景」ですね。

また、いつか、どこかで…万有引力を信じて。

ありがとう…

…さよなら。

Photo

追伸

あ…、でも、みなさんのブログには時々おじゃまさせていただきますね。

|

« 『さよならの風景』 | トップページ | 2012 一陽来復  »

コメント

ブログにお邪魔する中で、顔も知らない、おそらくこれからお会いする可能性も限りなく0に近いという方に、これほどに親しみを感じることが出来るのかという発見がありました。
きっかけになったのは、たしか「小豆ばっとう」の話でした。本当にお忙しいであろう日々の中、俳人のご主人を時にくすぐり、お尻をたたき、そして誰よりも愛していらっしゃる様子は、夫婦の先輩として素敵だなあと思いました。
地震が起こったときの、遠くでただ気を揉んでいるだけで何も出来ないもどかしさ、そして無事を知らせてくださったときの安堵。
とんこさんとお知り合いになれたことは発見の連続でした。
お邪魔しっぱなしでごめんなさいね。体を労わりながら、程々に頑張ってください。

機会があれば、関西に遊びにいらしてください。私がここを透して盛岡、あるいは東北という地を垣間見たように、私のコメントがとんこさんにとっての関西への手ほどきになっていれば幸いです。
一羊先生にもよろしくお伝えください。

投稿: カンナ | 2011年8月29日 (月) 23:19

とんこ 様
 楽しく 又 ほろりとしながら 読ませていただいて
 いました。ご主人様の 「喝采」に出会えた事 私
 にとっては 大きな力になりました。
 ありがとう ございました。

投稿: はまゆう | 2011年8月30日 (火) 12:54

まあああ・・
またご縁が有りますように・・

九月からのお仕事!悔いの無いように頑張ってください。
絵と文才のあるとんこさんのブログがすきでした。
怒りを持って文を書かない・・信条が光っていました。
一番年長のファンでした。楽しかったです。

最後の最後まで 素敵なブログの卒業でしたね。
また・・又何時か!

本当に有り難うございました。

投稿: りまど | 2011年8月30日 (火) 14:23

長い間楽しませていただいてありがとうございました。
かわいいお人柄がいっぱいのブログを覗くのが日課でした。

私の中で強烈な印象の「寄生虫博物館」と、
とんこさんの心情「ぐるぐる」がいつまでも残ってます。

たくさん、たくさんの情報発信ありがとう!!

笑って、、しんみりして、、にんまりして、、いろんな感情を
(一方的に)共有させていただきました。

イラストのとんこさんではなく美人の実写版とんこさんで
えっ!!と思いましたが、卒業写真だったのですね!!


どうかこれから無理せず、たまには自己愛に徹して
ご活躍ください。

投稿: うさぴょん | 2011年8月30日 (火) 16:09

忙しい合間を縫ってのブログ、お疲れ様でした。
身体に気をつけて、新しいお仕事もがんばってください sign01

投稿: ぺろちゃんまま | 2011年8月30日 (火) 20:56

そうですか~。
ブログを通じてのお友達って…なんでしょう、昔の感覚でいえば、ペンフレンドでしょうか。
お会いすることがなくても、少しでも共通点があれば、語り合って、親しくなっていけるんですよね。

しばらく、ブログを書かない生活って不思議な感じがするでしょうけれど、新しいとんこさんの毎日が始まるのですね。
ご自身の体も労わってくださいね。

また、そこかしこの(って、あそこですけど)で、お元気な姿を見せてください。

投稿: 博多っ子 | 2011年8月31日 (水) 13:44

ちょっとの間でしたが色々楽しませていただきました
お別れかと思うととても残念です。
また色々なアイデアも大変参考になり教えていただくことがたくさんありました。有難うございました。
お暇になったらまたブログアップしてください。
写真素敵ですね。

投稿: tonkoid | 2011年9月 2日 (金) 22:24

ブログやめちゃうんですね~。think
時々こっそり拝見していた身としては非常に残念ですが…。
こんな時は何て言えばいいんでしょう?
「お疲れ様でした」でいいのかな?
短い間(私にとっては)でしたが、楽しく読ませていただきました。
ありがとうございます。
またいつかお目にかかれる日を楽しみにしております。

公私ともに、お疲れの出ませんように。 ではまたいつか…。

投稿: しんちゃん | 2011年9月 4日 (日) 11:04

とんこさん、しばらくご無沙汰しているうちにこんな展開になっていたとは・・・・おじいちゃんのこと、お仕事の事・・・きっと、とんこさんは、頑張って、さらっとやっていくのでしょうね。ココに来ると、楽しい文章で、身につまされてほろっとしたり、プフット笑ったり、東北、盛岡のこといっぱい教えてもらいました。ありがとう!!
どうか、お身体ご自愛の上、ボチボチぐらいの頑張りで行ってもらいたいと願いますclover
とんこさん、ありがとう!また、会いたいなheart02

投稿: asa | 2011年9月 5日 (月) 18:43

ご無沙汰してました、
近いのになかなか会えなくて、ブログで状況確認、
わたしもミネストローネ、その後4回も作ったんだよ!
怒りをもって文を書かない・・・私も気をつけていました、
怒りとは違う、沈んだ気持がいつもあって、PCの前に座っても、書けない日が多くなって、そして、今度は書かない事が気になるし、そんな時期が2年ほど・・・
とんこちゃんはすっかり止めることにしたんですね、
家族のこと、仕事のこと、うまくバランスをとりながら、前に進んでいってください、ちゃーんと息抜きもしてね!

投稿: コスモス | 2011年9月 6日 (火) 00:05

先日はたいへん失礼いたしました。

そして卒業宣言。とんこさんの朗らかな文章は楽しみでしたよ。
私は書いてバランスをとる気質なのでとにかく吐き出し口として書いておりました。公害みたいな文章はご容赦!みたいな(笑)

お仕事も忙しくなるようですし、介護と看護も…どうかお疲れのでませんように、道化に走って張り切りすぎませんように(笑)
応援しています。

投稿: 春呼 | 2011年9月 6日 (火) 08:23

10月になりました。。
お元気で ご活躍の事と・・
北から応援しています。

投稿: りまど | 2011年10月 2日 (日) 11:24

久々に拝見したら、とっくにとんこさんのブログが終わっていた…。実は隠れファンでした。(隠れる必要もないのですが)心に染み入る文章、写真、詩歌……才能を感じさせるものでした。残念。また、いつの日か、文章を綴ってください。
             (一羊さんと石崎研究室詣でをした同期より)

投稿: | 2011年10月25日 (火) 17:35

お掃除も行き届いて・・綺麗に整理整頓されていますね。
お元気でご活躍の事と思います。とんこさんの楽しい比喩の文章また読みたいです。
御元気でね・・

投稿: りまど | 2011年12月 1日 (木) 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440420/41379884

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら~万有引力を信じて~:

« 『さよならの風景』 | トップページ | 2012 一陽来復  »