« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

さよなら~万有引力を信じて~

Leaf30e このブログに度々登場していた、おじいちゃん(capricornusの父)が

先週火曜日に入院しました。 認知症を患っていますが、

思いの他病気の進行が早く、この1年で要介護度が1から3、そして4へ。 

自宅での介護は限界とのケアマネジャーさんの判断とアドバイスにより、

我が家から比較的近い病院に。

Leaf30aまた、 以前の記事にもチラリと書きましたが、pig は9月からほぼ

フルタイムに近い状態で働くこととなりました。

Leaf30g このブログを始めてから、ちょうど4年。

・・・このへんが潮時、かな、と思います。

まだ余力のあるうちに(笑)幕を引こうと決めました。

capricornus の、『さよならの風景』の中に、「卒業」という詩があります。

今の私の心情にも似ているので紹介しましょう。

           卒 業

      思い出は 消ゆることなく

      我が想い 絶ゆることなく

      昨日をば 今日懐かしみ

      振り向けば 顔覆(おお)いたる

      我のみぞ 我を追いくる

Leaf30a_2 ブログに限らず、他人(ひと)に読まれる類の文章を書く上で、

私の信条はただ一つ、「怒りを持って文を書かない」ということ。

怒りのある文章はいけません、読む人の心を乱すから。

また、「遊びを持った文を書きたい」というのが一つの願いでした。

遊びはいいですね、クスッと笑えたり、心が軽くなったり、

元気が出ますもの。 4年間の記事数は今日を含めて710件。

果たして、ささやかな信条と願いがこのブログに反映されていたのか…

その判断はここに来て下さった多くの皆さまに委ねることにいたしましょう。

確かに言えることは、私自身が楽しかったということ。

皆様からいただいたコメントは2,200件余り。「繋がる」喜びを知りました。

ありがとうございました。 何万回言っても足りないほどです。

Leaf30e ここはしばらくの間”留守”にいたします。

けれども主(あるじ)が戻ることはないでしょう。 

ごめんなさいです。

これも一つの「さよならの風景」ですね。

また、いつか、どこかで…万有引力を信じて。

ありがとう…

…さよなら。

Photo

追伸

あ…、でも、みなさんのブログには時々おじゃまさせていただきますね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

『さよならの風景』

4年前に句集『喝采』を自費出版したダンナ、一羊。

実は自費出版はこれが初めてではありません。

約30年前、就職したての頃、彼は一冊の詩画集を出しています。

え~と、私と知り合う前ですね。 タイトルは『さよならの風景』。

今日、この記事のために押し入れをゴソゴソして探し出しました。

度重なる引っ越しと水害にも耐え、比較的状態はいいです。 ↓

Photo_2

詩は一羊(当時は本名)、画は友人の鈴木亜洋氏(ペンネーム)。

~筆者の弁明~と題したエピローグによれば、詩画集作りを始めた

のは高校3年のことであった。僕が中学時代から書きためていた詩に

鈴木亜洋氏が絵をつけてくれたのである(中略)失恋や片想いの詩が

多いのも、この過去に出会った、あるいは僕の観念が作りあげた架空

の少女らへの憧憬のためである。(中略)あくまで実ることのない想いで

あることは自分自身わかっているのだから、ラブレターであると同時に

別れの手紙でもある。そしてまた、それはとりもなおさず、自分の

「少年期」への訣別でもある。  

遠い憧れは、いつも僕を寂しくさせた。 いや寂しささえも遠かった。

とあります。全部で41編がおさめられていますが、その大半を

貫いているのは「少女趣味」です。(笑)

一羊が生徒達から「シラハマ・ブルー」と呼ばれていた頃、私は彼から

この詩集を手渡されました。 capricornus 「読んでみて。」って。裏表紙には

(およそ上手とは言えない)彼の字でこう書いてありました。

「とんちゃんへ。二人の万有引力を信じて。」 (sweat01sweat01ハズカシーィsweat01sweat01

gawk イッタイ 何人の女性にこのテを使ったんだろう、フンdash

とか思いながら受け取ったのを覚えています。(笑)

そうは思いながらも、読後、ずいぶん長い感想文(?)を書いて

彼に渡したことも記憶にありますが、今その手紙は見あたりません。

41編の大半を占める少女趣味的詩には、正直、ちっとも惹かれま

せんでしたね(爆)。その中から10編、もう、私の特権(どんな?)で

まともそうなのをご紹介します。(画像クリックで大きくなります)

~プロローグ~

  僕を愛し  僕が愛さなかった者へ

  僕を愛し  僕が愛した者へ

  そして

  僕が愛し  僕を愛さなかった者へ

  捧ぐ

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

 

Photo_5

Photo_6

Photo_7

Photo_8

Photo_9

Photo_10

41編のなかの比較的好きな、一羊”らしさ”が出ている10編を

載せましたが、一番好きなのは一番最後の「夜空」です。

これだけしか好きじゃないかも(爆)。この詩だけが他の40編とは

異質で、かつ、現在の一羊の俳句に通ずるものがあるように思います。

おもしろいのは、30年近くたっても内なる世界において、

一羊も私もあまり変わっていないということ。進歩がないのね(笑)

昔もこの「夜空」をべた褒めした記憶があります。

筆者の弁明(エピローグ)の最後はこうです。

 武者小路実篤の「淋しい」という詩の終連はこうである。

    愛する者には愛されず

    何事もせずに生きられるために

    自分は自分の淋しいことの好きなことを

    感謝する。

 僕の唯一の友人でもあるような「さびしさ」も、

 ふと気づけば、見知らぬ他人の顔をしている。

 いつも僕の影法師のように寄り添ってきた

 「さびしさ」に、ふいに後から目隠しをされて

 僕は迷子になってしまう。

Photo_13   青は静寂、青は「さびしさ」、

  詩であれ俳句であれ、

    これらはみな

  一羊という人の

    真ん真ん中にある、

    しんと静まりかえった

「青」から湧き出ているに違いない。

  

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年8月22日 (月)

青が好き

Photo_3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

クモとカマキリとワタシ

ふっと思い出し、そして口ずさむと、さぁ大変!

何度も何度も歌詞やメロディーがグルグル頭をめぐって

知らず知らずにまた口ずさんじゃう曲ってありませんか?

最近は機会がなくなっちゃったけど、昔、子どもと一緒に見た(聴いた)

NHK「みんなのうた」で、虫をテーマにした曲がありました。

その中でクモ(のお局さま風)の歌とカマキリの母ちゃんの歌が

キョーレツでした。イチオウ、NHK教育テレビでやってんだけど、

およそ教育的とは言えなくて…虫の生態を子どもに知らせようという

意図(たぶん)から大きくはずれ、大きく、大きくはずれ、これはもう、

虫の話というよりは明らかに人間社会のそれで…私と子ども達は

大、大、大好きな歌でした!(爆)そして、実はダンナも…(笑)

そのone クモ編 (こちら

♪ちょっとそこゆくチョウチョの彼女 今年のはやりねカワイー見せて

(とお洋服を褒めながら近づきキャッチ! shock )

♪つかまえた~

♪チャラチャラ ヒラヒラ 見せつけて

♪飛んでるアンタが悪いのよ!

♪なめんじゃないわよ 世の中を!

♪まったくぅ~、まったくぅ~、まったクモ~~~!!!

とまあ、いわばお局的なオネエサマが、いたいけな新入女子社員を

いじめてますか、みたいな歌です。1番の歌詞はチョウチョだけど、

2番はトンボのオニイサン(後輩男子社員)がターゲットに。

どちらかというと、こっちの方がキツイかも(笑)。

でも、結局、チョウチョにもトンボにも 「早くお逃げなさいよ~、

お逃げ! って言ってんでしょ~、まったクモ~」って。

クモの悲哀を感じる い~い歌なのよ、これが。

そのtwo カマキリ編 (こちら

♪かまきりの かあちゃんは とうちゃんを

♪食べる!

♪カマ男に カマ子に カマ太郎、かあちゃんの話をききなさい

♪みんなのとうちゃんは

♪おいしかった! …じゃなくて 偉かった

♪…だからとうちゃんも さぞかし

♪嫌だとは言えなかったんだろうな~ あぁ… あぁ… あぁ~

<日出朗の、たら~んと力の抜けた歌い方がまたどこまでも

郷愁を誘います。(←えっ!Σ( ̄ロ ̄lll) )

とうちゃんを骨まで愛しているから(1番歌詞)、

かあちゃんはうっかり者だから(2番歌詞)、

とうちゃんを食べちゃったと自己肯定するかあちゃん!

すごい、すごすぎるゾ、カマキリ母ちゃん! 実はダンナに、

capricornus 「どうやったらそんなに自分を肯定的に捉えられるんだ?」

と言われる私。(pig から言わせてもらえば、なんでそんなに物事を

否定的に捉えるのでしょう、一羊さん?…ですが。)

なんかねぇ~、クモのお局といい、カマキリの母ちゃんといい、

人ごととは思えなくてねぇ~(爆)  …と、言うわけで、(・_・)エッ…?

9月から肩書き(?)が変わり、図らずも労働時間が増えることになった

ワタシ。たぶん出張も増えることでしょう。結婚以来ダンナの庇護のもと

暮らしておりましたが(笑)、扶養から外れます。 50歳というビミョーな

歳で、働き方としてこれでいいんかい?と、自分で自分にツッコミ入れ

たくなりますが、ほら、10月から運が向いてくるって占い師にも言われ

たし、またまた新しい流れに身をまかせようと思います。

typhoon 日本の将来どうなるのぉ~、 typhoon  typhoon  typhoon  typhoon  typhoon

まったくぅ~、まったくぅ~、まったクモ~ 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

なんちゃって「冷やし飴」

毎年、お盆が過ぎると 岩手の空気が変わるのがわかります。

二日ばかり降り続いた雨が去った今朝、はっきりと「秋」を感じました。

それでもまだ8月、夏としてはもう少し留まりたい気持ちでいることでしょう。

先日、ふらんす堂の社長、yamaokaさんのブログで知った「冷やし飴」

なるものが気になっていました。奈良の名物だとか。

調べてみると、どうやら関西ではおなじみの夏の飲料であることが

わかりました。 さらにいくつかのレシピを参考に、作ってみましたよ。

Photo

↑ 材料は市販の水飴、根生姜、ティーバッグ紅茶、砂糖、水。

これだけ。作り方もいたって簡単です。

Photo_2

①水飴(約250g)と水(800cc)、砂糖(大さじ6)を中火にかけます。

②煮立つまでの間に生姜を皮ごとすりおろし、汁をしぼっておきます。

③煮立ったら火をとめ、紅茶のティーバッグを入れ色を出します。

④鍋を火からおろし、あら熱がとれたら生姜のしぼり汁を入れます。

※白砂糖ではなく、きび砂糖を使ったせいか、色がちょっと悪く

 なったので、レモン果汁(市販)も少し入れました。

Photo_3

容器に移し、冷蔵庫で冷やします。

Photo_4

はい、出来上がり! さっそくいただきましょう! ゴクゴク…

う~む…おいしけど、ホントにこの味でいいのかな?

なにせ、元々の味を知らないので… coldsweats01

たぶん、生姜汁の量が多かった。(まるごと1個使用)

舌に生姜のピリピリ感が残ります。

子どもも飲むことを考えれば、生姜汁は風味付け程度でいいのかもね。

でも、大人の私にはじゅうぶんおいしい。 元気になれそうな味です。

なんちゃって「冷やし飴」でした~。 happy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

削減

Photo_2 この夏、節電に努めていらっしゃる

ご家庭も多いことでしょう。

恥ずかしながら我が家は…

そんなに積極的に取り組んでは

いないのです。電気のスイッチを

こまめに切ったりする程度で…sweat01

ところが、今月の検針結果をみましたら

1日あたりの消費電力量が、なんと! 

昨年と比べて32.8%

う~ん、そんなに頑張った感ないけどなぁ。

家計簿をつけなくなってから久しいので

統計がとれませんが、たぶんこれが

普通で、去年が使いすぎていたのかも。

去年の夏は猛暑で、おじいちゃんと暮らしていた

ので、エアコン使用回数が少し多かったような気がします。

(例年はエアコンはめったにつけないです。)

あとは冷蔵庫を新しいのに変えたからかな? 

なにはともあれ、よかった。happy01

数字に表れると嬉しいですね。 …て、計算、間違ってないよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

まねき易者(プチ不思議体験?)

自慢じゃないけど、私にはまったくもって「霊感」の類は備わっていないの。

備わっていないのだけれど、なぜかしら”そのテ”の方には たま~に

声をかけられるのですよ。 ほんと、なぜか(笑)。 しかも、いっつもいきなり。

例えば こんなこと。それでも最近は落ち着いてきたな~って思っていたのよ。

ところが、先日のこと。 駅前通りをふらついていたらねぇ…誰やら道の向こうで

私に向かって手招きしてるの。 よばれるままに行ってみると(capricornus「て、行かない

でしょ!フツーは!」ってダンナに言われた。coldsweats01)小さな机(?)を前にして座る

一人の男性。机の上には一本のロウソク、机の前には垂れ幕のようなものが

あって、そこには墨で黒々と「手相・人相占い」という文字が!gawk あ…シマッタ。

「ここまで近づかなきゃわかんなかったのかよぉ~~~!!」って、自分で

自分にツッコミ入れたけど、時すでに遅しってカンジで、私は占い師の真正面に

立っていた。 そしたら いきなりサ、「で、何についてききたいの?」って占い師。

pig 「へっ? べ、べつに…何ということは…」

(アンタが手招きしてアタシを呼んだんジャン!annoy 新手の商法か?)

:「あなた、ね、10月から運が向いてくるよ、うん。」(catface ダジャレかい?)

pig 「まあ、嬉しい! ホントですか~? あら、失礼、オホホ。

   ありがとうございます~。ウフフフフゥ~。。。嬉しいわぁ~、では…」

ワンピースの裾をふんわりとひるがえし、マダムとんこは優雅にその場を

離れましたとさ。(笑)

でも、何を根拠に? 手を見せたわけじゃないから、人相かな(笑)

それにしても…あんなに大きく手を振って呼ぶんだ~、占い師って。

ンなわけないよ、ね? まあ、なんだかよくわからないけど、

10月から運が向くらしいですよ、ワタクシ。 ひとつ信じてみましょうか(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

さんさ

盛岡さんさまつり、8月1日より始まっております。

Photo

Photo_2

復旧に大きく貢献していただいた自衛隊の方々もハジケテおりました。

次男は連日、さんさ三昧…と言ってもこちらはパレードより屋台。catface

初日はクラスの友達、昨日は部活の仲間、3日目の今日は近所の幼なじみと。

昨日は私も街にくりだし、お祭り気分を味わいました。

Photo_4

さんさにかんぱ~い beer

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

ふらっと君とミネストローネ

大学が夏休みとなり、長男が友達を連れてふらっと帰ってきた。

ほんとは前から「帰るよ」という連絡は受けていたけど、

風のようなこの子には「ふらっと」がよく似合う。

すぐにまたふらっと戻っていくのだろう。

Mine_3

そんなふらっと君達への朝食は、具だくさんミネストローネ。

写真を撮るのを忘れちゃったので、上の写真はYahooの画像から

ウチのミネストローネに近いものをお借りしました。 coldsweats01

cat 「このミネストローネ、うめぇ!」

と、お褒めにあずかったので、作り方教えました。チョー簡単です。

タマネギ、ニンジン、ピーマン、キャベツ、シメジなど冷蔵庫にある野菜と

ウインナー(ベーコン)をコロコロに切って、オリーブオイル(サラダ油)で

さっと炒め、そこに水とザクザク切ったトマト、コンソメを入れてコトコト

10分ほど煮たらケチャップ(量テキトー)、塩こしょうで味を調え、

最後に早ゆでマカロニ(90秒)をダイレクトに鍋に投入、で出来上がり。

お好みですが、スイートチリソースを少し入れるとピリッとしておいしい。

冷凍のミックスベジタブルや豆の水煮、カットトマト(缶詰)を使うともっと簡単。

最初にニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒めるという一手間で

おいしさグッとアップします…が、なかったので今日は使いませんでした。

野菜を炒めずにダイレクトに煮ると油を使わずヘルシー。

こんな時間がしみじみと嬉しい。

そんなものです、母親なんて。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2012年1月 »