« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

イイヒト

水沢出張の帰りに、ダンナの実家にちょっと立ちよった。

日射しが弱まった夕方の庭で、おばあちゃんが草取りを、

おじいちゃんはランニングシャツにパジャマズボン姿で、

小犬を連れた小学生の男の子とおしゃべりの真っ最中。

pig  「こんにちわ~」

 「あれ、出張だったの?」

 「あ、よく来たね~、まずあがってお茶っこでも。」

pig 「ありがとう~、cake ケーキ買ってきたよ~、三人で食べよう。」

 「ああ、通りすがりの人なのに、悪いねぇ。」

この時点で、じいちゃん、私の存在がまったく認識できていません。

Photo_6

← 大好きな栗の渋皮モンブランを

   大事そうに食べるおじいちゃん。

   ちなみに、自分のケーキに手を

   つける前に横にいるおばあちゃん

   のフルーツケーキを半分くらい

   食べちゃって、pig に叱られました。

   ケーキを食べながら、おじいちゃんが

   私に質問。

 「あんた、あんたはイイヒト(彼氏)いるのスか?」

pig 「あ、はい、いますよ~。背が高くって、男ぶりよくって、

   優しいイイヒトが。今度紹介しますね~。」

 「あ、そう。。。」

ん? なんだか気乗りのしない返事だわねぇ。

おばあちゃんが言うには、さっきまで自分は独身だと言い張っていたとか。

おばあちゃんが、「私がアンタの奥さんなの!」って説明しても、

 「オレは若いんだ。こんな婆さんと一緒になるハズねぇ!」

…みたいな会話のやりとりがあったので、pig にイイヒトがいるかどうか

気になったんじゃないかとのこと。

pig 「あ~ら、残念!そうとわかっていたら、私まだ結婚しなかったのに~、

 ごめんなさいね~(爆) ところで、おじいちゃんにはいないの?イイヒト。」

 「…いるよ。 オレのイイヒトだから…このケーキ半分やる。」

そう言って自分の食べかけのモンブラン(実際は1/3程度・笑)を

おばあちゃんの前へ。

 「なんだ~、わかってるじゃないのぉ~。」

照れながらも、少女のようにおばあちゃんが笑った。

pig 「あ~、アッツイ、アッツイ heart04 ほら、ちょっとこれで冷やせば~」

Photo_7

← 私がふざけて、ケーキについてきた

   保冷剤を渡すと、素直に自分の額に

   あてるじいちゃん。

    「あ、しゃっけ!(冷たいの意)

     んでも、しゃっけくて気持ちいい。」

   「3だって。」 

 おばあちゃんが3本指を立ててボソリと言った。

認定更新で介護度が1から3となったという意味だ。

「そう…」 とだけ私はこたえ、

二人で保冷剤を頭にのせたじいちゃんを見ていた。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

意外な結果?

Photo_4

↑ NHK『カシャッと一句!フォト575』 7月25日 佳作でした。

ちなみに この日の栄えある殿堂入りを果たしたのは、こちらにも

ときどき来て下さる田中克佳さん(克ちゃん)です! さすが名人

名人なので番組HP内に「名人ギャラリー」があるんですよ~。

克ちゃんのギャラリーは こちら

   pencil   camera   pencil   camera   pencil   camera

上の写真と句は5月21日の記事(born again)に載せたものです。

最初は写真だけだったのですが、ダンナがcapricornus「一句つきそうだよね」

と言うのでムリヤリひねり出したものでした。 coldsweats01

う~ん、意外だわ… 私としては記事の最後に使った切り株写真の

方が思い入れも深く、気に入っていたのですが(笑) ↓

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

川へ

最近は野鳥撮影のダンナにつきあうことが多くなってきました。

森にたくさんの餌があるので、ネイチャーセンターの餌場は開店休業状態。

連日のうだるような暑さから逃れられ、かつ水辺の鳥が撮影できれば

との思いからか、ダンナが急に車を止めたのは…こんなところ。 ↓

Photo_4

腕組みしながらちょっと考えていた一羊、どんどん細い道を下っていきます。

Photo_5

おお、涼しげな渓流。 釣り糸を垂れている人もいたので、

小魚をねらってこないかな~、カワセミ。

Photo_6

と、思いきや先客がいました。どうやらワンちゃんの格好の水浴び場に

なっているようです。 う~ん、これじゃあ カワセミはいないでしょう。

それにしても、ワンちゃん、気持ちよさそう~。

Photo_7

と、いうことで私も川へ。 涼しい~ happy02 

水はどこまでも澄んでいます。

Photo_8

金緑に光る胴体、茶色の翅、カワトンボが何匹もひらひらと飛び交って、

幽玄な空間でした。 カワセミには会えなかったけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

ついに!?

今日、帰ったら郵便物の中にこんな封筒が・・・

Photo

「日本野鳥の会」って書いてる! catface

「いつでも会員募集」って書いてるよ!

入ったのか? 入るのか? ・・・ 一羊!(笑)

Photo_2

マークがかわいい! lovely

Kotan Kor Kamuy」(コタン・コロ・カムイ)って書いてる。

カムイってアイヌの神様(精霊)だよね。

ウィキペディアによると…

 アイヌ民族の伝統的な世界観では、カムイは動植物や自然現象、

 あらゆるものに宿っているとされる。そしてある一定の使命を帯びて

 人間の世界であるアイヌ・モシリ (aynu mosir) にやってくる際、

 その使命に応じた衣服(肉体)を身にまとうという。

 例えばキムン・カムイ (kim un kamuy, 山にいるカムイ)はヒグマ、

 レプン・カムイ (rep un kamuy, 沖にいるカムイ)はシャチ。

 そしてコタン・コロ・カムイ (kotan kor kamuy, 集落を護るカムイ)

 はシマフクロウだそうです。

画像で見ると迫力ある~、いかにも神様っぽいです。

でもマーク(イラスト)はカワイイ。

最初、「モグラ?」って思ったもん(爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

見ようとする者のところへ

最近、野鳥(の撮影)に凝りだしたダンナ。

道を歩いていても、車を運転中も、いろいろな鳥が

目に入ってくるようです。(それはそれで危なくて心配ですが…catface

普段は寡黙な人ですが、昨日の夕飯時はちょっと違いました。

ダンナとしてはめずらしく興奮気味な口調。

なんでも昨日の朝、出勤途中で鶴を見たとか。

後で調べたらアネハヅルという、日本ではちょっと珍しいツルと判明。

そして、今日、ダンナ撮影のアネハヅルが岩手日報と盛岡タイムスに

掲載されましたsign01

昨日、ご飯を食べることに夢中の次男と私は「ふ~ん」と聞き流していましたが、

今日の新聞記事と写真を見て capricornus のカブは急上昇up(ゲンキンね・笑)

dog 「おっ!スゲエ!写真の横にお父さんの名前が載ってる。」

pig 「ほほぉ~、ナニナニ… へぇ~、このツルってヒマラヤを越えてインドへ

   渡るんだってよ。8000メートル級の山々を越えて飛ぶなんてすごいわね~

   ねえ、知ってた? ツルの仲間では小型なんだって。特徴はね…」

capricornus 「知ってるよ。…それって昨日の晩ご飯のときに説明したんですけど。gawk

dogpig 「ア、アレ?そうだった?アハハsweat01

      chick    chick  chickchick chick   chickchickchick

もしかしたらこれまでも珍しい鳥を見ていたのかもしれないな。

でも気づかなかった。

見ようとする者だけに見え、

聞こうとする者だけに聞こえるものらしい。  

…たぶんね。

   chick chickchick     chickchick   chick    chickchickchickchick

アネハヅルの写真はダンナのブログでご覧ください。  こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

これもまた風物詩

我が家は山を切り開いた所に建っているので自然豊かなんである。

その豊かな自然のためにさまざまな昆虫が家の中に入ってくる。

そしてその大半は、いえ、全部と言っていい、招かれざる客なんであります。

カメムシ、テントウムシ、スズメバチ、カナブン、コオロギ、カマドウマ、

ゲジゲジ、ムカデ、ヤスデ、クモ、ワラジムシ、ダンゴムシ、蛾、ゴミムシ…

あ、でもゴキブリはいないの。

今年も虫大発生の夏が来た。

capricornus 「ワワワ!とんこちゃ~ん、虫でてきた~sweat01

dog 「ウギャ~!!母さ~ん。虫~、虫でた~、早く退治して~sweat01

虫の苦手な我が家の男達に、私が一番たよりにされる季節でもあります。

中でも困りモノはアリ! 

家の周りには色も形も大きさも違うさまざまなアリが。

きっと我が家の地下にはアリの巨大帝国が存在しているに違いない。

進入路をパテでふさいだり、薬を撒いたり…それでもアリたちは毎年

ルートを変えて進入。特に体長2㎜ほどの小さいアリにはお手上げ。

Photo

↑ お風呂場に出没したアリ。

働きアリの名のとおり、いそがしく動き回る。

Photo_2

↑ ダンナが設置した「アリの巣コ●リ」。

真ん中にある毒エサを巣に持ち帰らせて巣ごと根絶やしにする

というものらしいです。ふ~む。。。どれどれ。。。

浴用イスに腰掛け、じっくり観察してみることにしました。

最初はなかなか設置ケースに入らず、入ってもエサのある真ん中まで

いかず、ウロウロしてばかり。 イライラしながら待つこと30分。

お、だんだん入ってきたぞ。エサ場をグルグルさまようこと30分。

はぁ~、ほら、早くエサを運びなよぉ~、じれったいわね~。

結局、エサを運び出したアリは一匹もいませんでした。dash

う~む、これはどうしたことだ。 それから更に1時間、アリたちの

動きがおもしろくてじっくりと観察してしまったよ。(笑)

アリの飼育セットが欲しくなった私です。coldsweats01

capricornusdog 「ヒィ~、飼育するってぇ~。退治してくれ~、退治!!annoy

Photo_4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

我が家の風物詩?

窓や網戸、すっごく汚いなぁ。 いつ掃除したんだっけ?

少なくとも2年前はやった記憶がある。(どんだけ掃除してないのよ・笑)

いや、正確にはやってもらった記憶、ですね。 coldsweats01

2年に1度、排水管掃除をお願いしている業者さんに、

「オマケ」で窓や網戸もきれいにしていただいたのでした。

今年もその時期がやってきました。今年で5回目となります。

5回目かぁ…confident しみじみ…している私にはかまわず、

けたたましいエンジン音と水音。

Photo Photo_2

Photo_3 Photo_4

家の中の水回り(台所、お風呂、洗面所、トイレ)と

外の防汚マス(4カ所)を特殊なジェット水流でピッカピカshineに。

ホースや排水トラップも取り外してshineツルツルピカピカshine

Photo_5 Photo_6

↑ そして今年もサービスで網戸&窓(1階外側)

(右は一昨年、6月の写真です。)

案の定、網戸、チョー汚れていましたbearing クモの巣も一掃。

ワタシ的には排水管掃除もさることながら、サービスの方に期待大です。

notes  shine  notes  shine  notes  shine  notes  shine  notes  shine

leo 「奥さん、網戸、そろそろ張り替えたほうがいいよ。コツはね…」

網戸の張り替えについても教えてもらいました。

pig 「はい、ダンナに伝えます。」(自分で張り替える意志なし・笑)

leo 「あ、そう言えばおととしね、とんこさんのブログ見たっていう人から

   ウチに注文があったんだよ~。 ありがとうね。」

pig 「いえいえ、今年も宣伝させていただきますから~。」

leo 「あ、お願いしますよ。」

と、いうことで… ウチが時々お願いしている業者さんです。↓

   

   さとうサービス

     〒020-0104
     岩手県盛岡市小鳥沢1丁目5-12
     TEL 019-662-1644

   ※ 屋外防汚マス(我が家は4カ所)+屋内水回り(4カ所)で9,000円。

       屋外コースのみもあります。5,000円。

     (どれくらいの頻度が適当なのかわかりませんが、ウチはお借りしている家ということ

     もあり、2年に1回です。sweat01  一戸建てならもう少しサイクル長くてもいいかも。)

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »