« 桜散りゆく頃に | トップページ | born again »

2011年5月16日 (月)

幸せな心

盛岡は今、一年中で一番いい季節をむかえています。

Photo_3

小岩井農場の一本桜のある風景。
美しい…。美しい風景です。
この美さを 何と比べ、何に例えましょうか。 

いいえ 何かと比べる意味も 何かに例える必要も ありませんね。 美しい… ただ それだけでいい。 今ちょっと疲れています。 けれどもまだ、 美しいものを見て 美しいと感じる 幸せな心は残っているようです。

|

« 桜散りゆく頃に | トップページ | born again »

コメント

5月の素晴らしい風景 見惚れております。
ここの場所には、数年前の秋に立ちましたが
あの時も素晴らしく、オオケストラの大シンフォニーが聴こえてきました。

投稿: tonkoid | 2011年5月16日 (月) 23:23

おはようございます。
あれれ?一本桜の下は、菜の花でしたっけ?
何だかとても春を感じられるし、岩手山も美しいですね。
県人の心の山ですね。

投稿: tomoke | 2011年5月17日 (火) 10:04

とんこさん こんばんわ~

美しすぎる一枚ですね~♪見飽きません

佐保姫、ならぬ 岩手姫(=とんこさん)が
ワタクシには見えまする~♪

投稿: 克ちゃん | 2011年5月17日 (火) 21:22

とんこさんのお写真美しい!
今日の満月もかなり美しい・・うっとり。

満月が出るとき日の出ならぬ「月の出」もオレンジで美しいと息子。
「そう感じるあなたのこころがきれいだよ」
と(笑)

美しく感じる自分を抱きしめて♪ね。

投稿: 麻ちゃん | 2011年5月17日 (火) 22:54

pig  tonkoid さんへ

お返事遅くなりましたsweat01

一本桜のある風景は春夏秋冬素晴らしいです。

先日、小岩井農場のある雫石町の隣村から基準値を超える
セシウムが検出され、県から安全が確認されるまで放牧自粛
の要請が出ました。そのせいでしょうか、私たちが行った15日
にも牧草を食む牛の姿はありませんでした。 

福島にいらっしゃるtonkoidさんのためにお祈りしています。

投稿: はっきんとんこ | 2011年5月19日 (木) 19:15

pig  tomoke さんへ

<あれれ?一本桜の下は、菜の花でしたっけ?>

そうなんです。私も15日に行ったとき、あれれ?と思ったのです。
そこで家に帰って、過去に撮った同じ頃の写真を確認したのですが、
2008年5月18日~葉桜、緑の牧草地、岩手山に雪なし
2010年5月23日~葉桜(さすがに23日だから当たり前か)
           緑の牧草地に一筋の菜の花のライン

なので今年は絵的にとてもラッキーでした。
桜、一面の菜の花、残雪の岩手山、の3拍子が揃い、
しかもそこに行けたことが。 happy01


投稿: はっきんとんこ | 2011年5月19日 (木) 19:30

pig 克ちゃんへ

え~、春の女神、佐保姫と一緒にしていただけるなんて。
嬉しい!…もっと言って!(爆)

姫と言えば、岩手には姫神山(ひめかみさん)という山があります。
男性的な岩手山に比べ、姫神山はその名のとおり、いかにも女性
的な姿をしています。(↓) 

http://www.bunka.pref.iwate.jp/shizen/yama/data/03.html

眺めていると不思議に心が落ち着く山で、私はどちらかというと
姫神山の方が好きです。

盛岡あたりからは両方の山を望むことができます。
岩手山と姫神山は夫婦という民話があるようです。
でも話の内容が岩手山の溶岩流のようにドロドロしています。 coldsweats01(↓)

http://myn.north-tohoku.gr.jp/kodawari/db03-m003-t006.php3


投稿: はっきんとんこ | 2011年5月19日 (木) 19:56

pig 麻ちゃんへ

<今日の満月もかなり美しい・・うっとり>

そうでしたね~。17日の夜の fullmoon 満月、ほんとうにうっとりでした。confident

寝室のカーテンを半分開けて、月の光を浴び、満月を眺めながら
眠りにつきました。・・・て、ものの5分しか記憶にないけど(爆)

投稿: はっきんとんこ | 2011年5月19日 (木) 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440420/40012447

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せな心:

« 桜散りゆく頃に | トップページ | born again »