« エピローグ~白鷺 | トップページ | ソッコー »

2008年11月12日 (水)

『まぼろしの邪馬台国』

水曜レディースデー。仕事帰りにふらっと映画館に入る。

何でもいい。泣ける映画が観たかった。

で、『まぼろしの邪馬台国』。

号泣を期待して観たせいか、そんなには泣けなかった。coldsweats01

もちろん、感動はしたけれど。

  movie  movie  movie  movie  movie  movie  movie

第一回吉川英治文化賞は盲目の郷土史家、宮崎康平

”奇人”と称された夫を支えた妻、和子の二人に贈られたものだった。

故郷、島原を愛し邪馬台国の調査研究と卑弥呼の墓を探すことに

熱中した、いわば「日本のシュリーマン」とも言うべき宮崎康平は

とにかく豪快且つワンマンな男だったらしい。

味方より敵の数の方が勝っていたことだろう。

出奔した康平の前妻に代わり二人の子を育て、

「私があなたの目になります。」と言い切った和子を吉永小百合が熱演。

夫、康平役の竹中直人を始めそうそうたる役者が脇をかためる。

やはり夫を支える妻、それも古き良き日本の妻を演じるのは

吉永さんをおいて他にはいないなぁ・・・と思った。

以前観た『母べえ』がオーバーラップする。

  movie  movie  movie  movie  movie  movie  movie

日本の歴史から考えても「夫を支える妻」、「内助の功」

みたいなお話、大抵の日本人にはウケると思う。

この映画には実在のモデルがいたわけで、

映画を通して宮崎夫妻に感銘を受けた一人ではあるけれど、

「どうしようもなくハチャメチャな生き方をした妻を支えた夫

のお話はどこかにないものだろうか?

そんな映画も観てみたい。

・・・て、すでに私達capricornuspigがそうか。

これこそ涙無くては観られない物語だったりして。coldsweats01

|

« エピローグ~白鷺 | トップページ | ソッコー »

コメント

最近、邦画が盛り返してきて、洋画より興行収入が多いらしいですね sign01
洋画ファンの私としては、ハリウッドにもっと頑張ってもらいたいです think
近頃リメイク物が多いので…
今、観たいのが「三国志」を題材にしたトニーレオンと金城武の映画(題名忘れちゃった)
北方謙三のおかげで中国史に夫婦ではまってます happy02
でも、かる~く「ハッピーフライト」も楽しそう happy01
でも、きっといつものように来年wowowで観る事になるでしょう… bearing

投稿: ぺろちゃんまま | 2008年11月14日 (金) 10:54

pig ぺろちゃんままさんへ

<「三国志」を題材にしたトニーレオンと金城武の映画
(題名忘れちゃった)>

『レッドクリフ』ではないですか?
今週末ダンナと観にいく予定です。

邦画と洋画、それぞれの良さがありますよね。
スケールの大きさなら洋画でしょうね。
『レッドクリフ』・・・楽しみ~happy01

投稿: はっきんとんこ | 2008年11月14日 (金) 11:25

いや~今週のNo1(今週?って・笑)
「ぐふふ」てな笑いをpcの前でしました!!
ワタクシも是非是非観たいです~(・∀・)イイ!
破天荒な妻を支えた夫の話・・
ハチャメチャな妻に黙ってついて行く夫の話・・
ドキュメンタリー~じゃ~なく ぐふふ~

投稿: OHARIKO | 2008年11月14日 (金) 16:54

こんばんは~~

「どうしようもなくハチャメチャな生き方をした妻を支えた夫」には笑いました~~~
もし、とんこさんご夫婦がモデルの映画で、私が泣けたとしたら、その涙は、
とんこさんに感動したのか、一羊さんに感動したのか、
自分がどちらの立場に付くのか、想像しただけですごく可笑しいのです(≧▽≦)

からかちゃって?ごめんね~~
いま、親の老いのことで、なんとなく暗くなりがちな私にとって、
上の一行は気持ちをほっこりさせ、しばらくはムフフフ。。。(^w^) の状態で
すごせますぅ~~

夫婦の話ではありませんが、ハチャメチャに生きた女の話としては
「嫌われ松子の一生」が絶対おすすめです。もう、見たかな?

投稿: のんのん | 2008年11月14日 (金) 19:19

pig OHARIKO さんへ

<ハチャメチャな妻に黙ってついて行く夫の話・・
ドキュメンタリー~じゃ~なく ぐふふ~>

ぐふふ~・・ってOHARIKOさんが笑うのも仕方のないことですよね。coldsweats01
だってOHARIKOさんはcapricornuspigドキュメンタリーを見てますもの。えへへ。
あの当時よりさらにバージョンアップしている二人です。

う~ん、書いてみようかな。「吉川英治賞」もらえるかも。(爆)

投稿: はっきんとんこ | 2008年11月14日 (金) 22:34

pig のんのんさんへ

そうですか。私のくだらない文でも笑っていただければ光栄です。happy01

最後の文はウケを狙ったわけでもなく、ふと感じたままを書いたのですが・・coldsweats01
ウチだけではなく、世の中にはけっこういると思うんですよね。
妻に翻弄され生きている夫たちが。

もう十年くらい前の「サラリーマン川柳」にあった句ですが、
capricornusがえらく気に入った句がありましてね・・こんなの↓
pencil「妻と子の機嫌のままに生きてゆく」
pencil「地球よりオレに優しくしてほしい」

「嫌われ松子の一生」、以前ダンナが録画で観ていたような・・
今度ちゃんと観てみますね。

投稿: はっきんとんこ | 2008年11月14日 (金) 22:47

とんこさんちではなく!!ですよ~
またまた言葉足らずな下手なコメントで誤解をshock
ドキュメンタリーは我が家で繰り広げられておりますよ
そんでもって一緒に映画を見に行き
「ほら、あ~ただけじゃないのよ、もっと頑張れるわよ~」
って言ってやります・言ってやりますよ、ワタクシはsmile

投稿: OHARIKO | 2008年11月15日 (土) 16:05

pig OHARIKOさんへ

<ドキュメンタリーは我が家で繰り広げられておりますよ>

え!あ、そうだったの?
「妻を支える夫」(妻に翻弄される夫)といえばcapricornusしかいないと思ったので・・coldsweats01

投稿: はっきんとんこ | 2008年11月15日 (土) 19:02

まずとんこさんがエッセーを出版し
それをTVの2時間スペシャルでドラマにし
あまりに面白いので映画になる。。。
ってパターンで行きませんかsign02
その時は私もエキストラでいいから出演させてね。

投稿: みるく | 2008年11月22日 (土) 08:06

pig みるくさんへ

はい、まずはエッセーですねsign01

TVなら「プロジェクトX」仕立てがいいかも。
 一羊はとんこを改心させるべく試みた・・・ダメだった。
 あきらめずやってみた・・・ダメだった。
 気がついたら一羊は誰よりも忍耐強い男になっていた。
 notes風のなかのス~バル~notes

あ~、これだけで泣ける~crying

映画化決定の際にはどんな役がいいか、
みるくさん、今から考えておいてくださいね。

投稿: はっきんとんこ | 2008年11月22日 (土) 16:16

原作ファンと考古学ファンを 思い切りバカにした映画です。「邪馬台国探しなんて専門的すぎて ついてこれないでしょ。難しいだろうから、俗っぽくレベル下げてやったよ」というメッセージが聞こえてくるようでした。

投稿: pi | 2016年4月15日 (金) 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エピローグ~白鷺 | トップページ | ソッコー »