« かまやき | トップページ | 春を食す「ウコギのほろほろ」 »

2008年5月 1日 (木)

ウコギのほろほろ~プロローグ

Photo

前の記事「かまやき」が好評だったため(gawk 誰から?)

お応えするべく(gawk だから誰に?) 第二弾!!(coldsweats01 チョーシにのってます)

今日は「ウコギのほろほろ」です。

まず、ウコギってこんな植物です。

Photo_3

↑ ウコギの新芽

そしてウコギにはするどいトゲがたくさんあります。

ゴム手袋なんか簡単に破ります。

Photo_5

Photo_6 私の愛読書のひとつ。

及川桂子著 『岩手の健康食』 →

これによりますと

「 盛岡周辺では庭先や垣根に

ウコギを植え、若芽が出る期間中、

何回も摘んでその風味を楽しんだ。

”ほろほろ”の名は、南部藩の

武士がこれを食べようとしたら

箸からこぼれおちそれを見て

”ほろほろ”と呼んだことに

由来するといわれる。 」 とあります。

ということは南部藩時代からあったというわけね。

まさしく「岩手の伝統食」ですな。 catface ナットク。

ナットクしたところで ウコギを採取に行きますかな。

Photo_9  ←

会社帰りの

”お嬢スタイル”

ヒラヒラのスカートに

サンダル(ミュールね!)

履きという いでたちで 

散策路を「ラララ~ンnote

 と登ったあたりにあるんですね~、

 ”ウコギの繁み”がさ。 ↓

Photo_7

トゲに気をつけながら 素手で 新芽を摘みます。

ここは散策路なので ウォーキングやジョギングの方、

犬の散歩など、わりとたくさんの方が通ります。

その服装たるや当然 ”アウトドア” なんですね。

だから私のように noteラララ~ン・・・ロロロ~ンnote 

みたいな場違いな女は 気になる方は気になるとみえて

よく声をかけられるんです。・・・そして今日も・・・

leo 「アンタ、家どごなの? そったらペラペラとした服着て

山さへってきて(入ってきて)・・・{私の足下に視線をおとす}

アイヤァ! ツッカケ(サンダル=ミュール)だっちゃ!

ナガクヅ履いでこねば わがねわがね!!

(ゴム長靴を履いてこなくちゃだめよ!!) 」

早口でまくしたてる方を見ると、知らないオバチャンleoが。

私の母ぐらいの年かな?

pig 「エヘヘ~、すみませ~ん。家はすぐそこなので・・・」

leo 「ほろほろ作るのすか? どれ、オラもすけで(手伝って)やる。」

オバチャ~ン、いい人だぁ~。よっぽど pig が頼りなく見えたんだね。

それにしても・・オバチャン・・せわしなく手を動かすのはいいんだけどね・・

leo 「イデ!アデデデ!!bearingまったくこのトゲッこにかがってハ!angry

・・・やっぱり、な。shock

pig 「あ、ほんのちょっとあればいいので・・あとは、あの・・」

leo 「あ!アンタ!髪さ虫っこ たがってらよ!!」

・・・知ってたよ、オバチャン。 gawk

頭に感じるこの感触、たぶんシャクトリムシだな。 gawk

オバチャンがしきりに leo 「ほろゲ ほろゲ(払い落とせ)」って言うもんで

右手でそっと虫をつまんで左手のひらに乗せてみた。

案の定 ウコギの枝そっくりの シャクトリムシだった。

その瞬間、アタシャ見たね。

オバチャンの私を見る目がある種の ”ソンケーの眼差しeye” に変わったのを!

pig オバチャン、期待に背いて悪いけど、私ってか~なり イルドな人なのサ。)

・・・という心の声をイルドな笑顔にのせて

virgo (pig) 「ウフフ・・・ありがとうございます。」 とだけ表現。

leo 「アイヤァ~、ナンタラ!!」

そう言い残してオバチャン、立ち去りましたとさ。coldsweats01

オ、オバチャン・・・ほんとはどう思ったの?

こういう地域性も 私は大好きなんだなあ。 confident

・・・ 「ウコギのほろほろ」の作り方はまた明日~paper

 

|

« かまやき | トップページ | 春を食す「ウコギのほろほろ」 »

コメント

へぇ~sign01
ウコギって初めて聞きましたsign03
写真見てたらタラの芽が食べたくなりましたbud
タラの芽を採るときもとげに注意ですよねbearing
綺麗なものだけじゃなく、美味しい物にもとげがあるのねsign03

投稿: ぺろちゃんまま | 2008年5月 3日 (土) 01:21

pig ぺろちゃんままさんへ

<タラの芽を採るときもとげに注意ですよね
綺麗なものだけじゃなく、美味しい物にもとげがあるのね>

タラの芽もねぇ、生えているんですよ~ ”ウチの裏山 ”にsign01
スーパーでなく裏山で採取した食材をいただくことに
深い喜びと感謝の念がわきます。
美味しいもののためなら するどいトゲもへっちゃらなpig です。

投稿: はっきんとんこ | 2008年5月 3日 (土) 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かまやき | トップページ | 春を食す「ウコギのほろほろ」 »